1. TOP
  2. 健康
  3. カフェインダイエット 代謝上がって脂肪燃焼できる?体に良くない?

カフェインダイエット 代謝上がって脂肪燃焼できる?体に良くない?

 2018/07/20 健康 脂肪
この記事は約 7 分で読めます。 390 Views

スポンサードリンク

カフェインダイエットは体にどう影響する?

ダイエットは中々続かなかったり、あまり体重が減らないことありますよね。

最近話題になっているのがカフェインを用いたダイエット方法です。

体への影響はどうなのか?

果たして脂肪燃焼して痩せられるのか?

検証していきます。

カフェインダイエットしていも効果がない原因

カフェインは、お茶やコーヒーに含まれている成分で、交感神経を刺激して眠気を覚ます効果があります。

効率的にカフェインを利用してダイエットするにはどうすればよいのでしょうか?

一番カフェインダイエットで効果的なのは運動とカフェインを組み合わせる事です。

 

カフェインを摂取すると交感神経が活発になり、スポーツした時のパフォーマンスが向上します。

また、運動能力も向上するので、代謝も上がります。

運動による脂肪燃焼とカフェインの脂肪燃焼作用で、相互的にダイエット効果があるのです。

 

カフェインを飲んだ後、30分から1時間後にカフェインの効果が現れます。

運動する1時間前を目安にコーヒーなどを飲むのが痩せる効果が高いといえます。

 

カフェインを取ると、食欲をおさえるので、食事の30分前にコーヒーを飲むのは食べ過ぎを押さえます。

むりやり食事制限をするよりも、一杯のコーヒーを飲んで一息ついてリラックスし、

食欲を意識的に抑えるというのは効果的ですね。

 

カフェインダイエットの注意点

実はカフェインは摂取し続けていると中毒性があるので注意が必要です。

 

何事もほどほどにですね。

また、コーヒーなどカフェインには、利尿作用があります。

コーヒーで水分補給した!と思っていても利尿作用の影響で体から水が出て行ってしまいます。

他の飲み物で水分を補給して、水分不足を補いましょう。

 

カフェインダイエットの失敗事例

カフェインダイエットをしても体重が減らない方は、代謝が下がっているのが原因です。

代謝が下がっていると言うことは、血行が悪いといえます。

よくむくみ・たるみが出やすい方は、代謝が悪い状態で、脂肪の燃焼が悪くなります。

その結果、代謝が悪いと体重を減らす効果がないのです。

代謝が良くなれば、同じ運動をしたとしてもそれだけ消費カロリーが多くなります。

いくら運動をしても思ったようなダイエット効果が得られない場合は、代謝機能が低下している可能性があります。

それでは、代謝を上げるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

カフェインを取りつつ代謝を上げる!

代謝を上げるには、何をすればいいのでしょうか?

1.適度な運動とカフェイン。

  • 15~20分のウォーキング
  • ストレッチ
  • ジョキングなど。

基礎代謝を上げて脂肪燃焼を促進するには、軽い運動がおすすめです。

体に無理な運動は、疲れたり体を痛めたりと逆に体に負担をかけてしまうので注意しましょう。

2.食べ物、飲み物を工夫して代謝を上げる

実は、意外な物・組合わせで直ぐに代謝が上がる効果が現れる食べ物があります。

納豆を味噌汁に入れて食べる

30分位すると体が温まって代謝が上がります。

生姜スープ

よく生姜は、体を温めるといいますが、実は粉末の生姜が一番体を温めて代謝アップできます。

スープやおかずにかけて食べて下さい。

b4d075ed7d0ccae7b4d4dc85724488d0_s

ヨーグルトをレンジでチン

寝る2時間前に食べるのが代謝アップのポイント。

fed826e02ef920b8063aecf82ffe2a39_s

 

3.ストレス発散して、リラックスする

ストレスが溜まると血行が悪くなり代謝停滞の原因です。

それに、ストレス発散しないとイライラしたり集中力がなくなり、疲れたりと悪循環して代謝がドンドン悪くなります。

カラオケや趣味・エステでリラックスなどで適度にストレス発散して代謝アップさせましょう。

 

そもそも基礎代謝とは

運動しているときはもちろんエネルギーを消費しています。

体を動かしていないときも生命活動を維持するためにエネルギーを消費しています。

呼吸をしたり、心臓を動かしたり、体温を維持するにも体はエネルギーを消費し続けています。

それが基礎代謝です。

 

この基礎代謝はとても大切で、1日に消費するエネルギーの約70%をしめています。

基礎代謝量が多いことは健康な体つくりに繋がります。

みんな同じように呼吸や心臓を動かし、体温を維持していますがこの基礎代謝量は人それぞれ違います。

また年齢によっても基礎代謝は変わってきます。

16歳~18歳前後までは代謝は高くなり、その後はゆっくり代謝は下がっていき、40歳を過ぎると急激に代謝はさがります。

 

自分の基礎代謝量を年齢・性別・身長・体重で計算することができます。

誤差はありますが、だいたいの代謝量を知ることができます。

この基礎代謝量を増やすことは、ダイエットに効果があるのはよく知られていますが、

それ以外にも代謝が高ければ、冷え性の改善や免疫力アップ、全身の血流が良くなるので美容効果もあります。

汁物で体を温めたりと食事で基礎代謝量を増やすことが可能です。

このように日常生活の中で代謝アップのために行えることはたくさんあります。

 

簡単なストレッチ

ダイエットのために食べ物ダイエットやジョキングしてるけど続かないと言う方いますよね。

それは、なぜですか?

やっぱり好きな食べ物食べたい。

ジョキングは疲れる。なんて理由ではありませんか?

そんな方に家で簡単にできちゃう代謝アップストレッチを紹介します。

この代謝アップストレッチは、骨盤の歪みを治していくストレッチです。

また代謝も上がるの徐々にですが効果が表れます。

 

8の字ダイエット

  1. 足を肩幅に開きます。
  2. お腹とお尻に力を入れます。
  3. 腰を左に出し右に出しと8の字に回します。
  4. これを3分。1日8回を目安にやっていきましょう。

家なので、テレビを見ながら、歯を磨きながら、暇な時にやってみて下さい。

代謝アップに効果的です。

 

ダイエットをしている皆さん、まず代謝を上げるよう心掛けてみましょう。

代謝を上げることをまず考え、それと並行してダイエットに取り組みましょう。

 

代謝異常は太る?その原因と治療法は?

代謝異常は太る原因になります。

この代謝異常は食べた物からエネルギーを体内に取り込むことが出来ないくなることです。

エネルギーがうまく取り込めないこで、体が無意識にエネルギーを摂取しようとします。

なので症状としては、無性に甘いものが食べたくなったり、

ついつい食べ過ぎてしまったりなどがあります。

たくさん食べてしまい、さらに体内にエネルギーを取り込めないので

どんどん脂肪に変わってしまい太ってしまいます。

 

この代謝異常の原因は乱れた食生活と運動不足です。

食事は特に大きな影響をあたえます。

高カロリーな食事が多かったりアルコールを日常的に飲む人は要注意です。

食事のカロリーを管理し、甘いものや揚げ物、脂肪の多いものは控えましょう。

 

筋肉はエネルギーの消費にとても大切です。

しかしただ筋肉を増やすだけでなくバランスよく増やすことが重要です。

そのために効果的なのが有酸素運動です。

ウォーキングやスイミングといった運動は同じ動きを続けるので効果的に代謝を上げることが可能です。

まず自分の基礎代謝量を知り、日常生活の改善にこころがけましょう。

出来ることから無理なく始めて、長く続けることがとても大切です。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

sawa55

この人が書いた記事  記事一覧

  • バーンマシンで腹筋を効果的に鍛える使い方

  • カフェインダイエット 代謝上がって脂肪燃焼できる?体に良くない?

  • 普通に食事をしてもダイエットできる方法とは 食べたいものを食べていても痩せれる?

  • 小尻になりたい!小尻ダイエットのやり方は?

関連記事

  • 遺伝子解析レストランで話題のdnaレストランとは?栄養学から体に合った有機野菜で料理を提供

  • ためしてガッテンで放送された肩こりや腰痛解消に最適な筋膜リリースとは

  • 冬至にゆず湯に入る由来や効果は?妊婦や赤ちゃんも入って大丈夫?

  • 禁煙とダイエットの両方ができるコーヒー「ニコノン」の効果と口コミは?

  • 唾液中の消化酵素アミラーゼと唾液リパーゼの働きについて

  • 20Kg以下のダイエットだが過激に一気に落としてしまおう!さつまいもで集中ダイエット法