1. TOP
  2. 豆乳
  3. 豆乳ダイエットは誰でも簡単にできる 大豆イソフラボンを取るメリット

豆乳ダイエットは誰でも簡単にできる 大豆イソフラボンを取るメリット

 2017/05/01 豆乳
この記事は約 9 分で読めます。 284 Views

スポンサードリンク

豆乳ダイエットは誰でも簡単に痩せられる方法

最近は、多種多様なダイエット方法が知られています。

数あるダイエットの中でも、一種類の食べ物だけで行うようなダイエットが流行しています。

 

 

中でも比較的飲むダイエットは簡単にできる方法です。

豆乳を飲むことで体重を減らすという、

豆乳ダイエットはどういった方法で行うのでしょうか。

 

大豆からつくる飲み物が豆乳です。

豆乳はカロリーが低いけれど、

大豆イソフラボンなど栄養成分がたくさん含まれています。

 

豆乳は液体であることから成分の吸収がよいため、

固形物を食べるダイエットよりも少量の摂取で済むこともよいところのひとつと言えます。

 

ダイエットに豆乳を用いる人が多いのは、

ダイエットをする時に役に立つ成分がたくさん含まれていることもあります。

 

豆乳からは、美容に役立つ成分が摂取できるということも、

豆乳の利用者が多い理由です。

 

ダイエットをしながら美容にも効果がある豆乳ダイエットは、

女性にとってはメリットの多いダイエット方法といえます。

 

大豆に含まれている大豆イソフラボンは

女性ホルモンに似た働きを持っていますので、

女性の健康状態からすれば、非常に嬉しい食材といえます。

 

食事を大幅に減らしたり、

運動量を増やさずとも、豆乳ダイエットはできるので一度試してみてください。

 

もちろん、運動や食事の見直し等もうまく併用すれば、

ダイエット効果はさらにアップしますが、

必ずやらないといけない訳ではありません。

 

毎日決まった時間になったら豆乳を飲むというだけの豆乳ダイエットは、気軽にできます。

そういった意味でも、

継続しやすいダイエット方法だといえます。

豆乳を利用したダイエット方法について

豆乳ダイエットは、年齢や性別を問わずどんな人でもできるダイエットです。

 

豆乳は1日のうちいつ飲むといいでしょう。

 

豆乳を飲むだけのシンプルなダイエットですが、

よりダイエット効果を上げるための方法について調べてみました。

豆乳には大豆イソフラボンという成分が含まれており、

ダイエットと美容を両立させる成分といえます。

 

大豆イソフラボンを若い女性でも摂取したほうがいい理由

大豆イソフラボンは大豆に含まれるフラボノイドです。

イソフラボンはカルシウムと相性がよく、

女性ホルモン(エストロゲン)に似ている構造です。

 

様々なイソフラボン含有のサプリメントが販売されていますが、

無添加のオーガーニックサプリがおすすめです。

 

大豆イソフラボンを飲むことにより、更年期が気になる女性だけにとどまらず、

生理前のニキビが改善、ホルモンバランスの乱れを改善するなど、

若い女性に対する効果も期待されます。

 

女性ホルモン分泌周期から考える豆乳ダイエット

女性ホルモンが分泌される周期の面から見て、

豆乳を飲むことによるダイエットへの効果がでやすいのは

生理前1週間から10日くらいです。

 

女性が豆乳ダイエットに取り組む時には、

毎日欠かさず摂取するようにすると効果が高いようです。

 

生理前の1週間に豆乳を飲むとダイエット効果がアップするのはなぜなのでしょうか。

 

女性は、生理の前の期間は、老廃物や、脂肪が蓄積されがちです。

体にたまっている老廃物は、生理後に徐々に体外に排出されて、

結果的にプラスマイナスゼロになるようにできているのです。

 

男性ホルモンと女性ホルモンのバランスとダイエットについて

20代前半の女性は、人によっては男性ホルモン優位になることもあり、

肌荒れが起こったりしてしまいます。

 

そんな時に、大豆イソフラボンのサプリメントをうまく活用することで、

ホルモンバランスを整えることが可能なのです。

実際に、大豆イソフラボンを摂取している女性は

生理周期が整ったり、肌荒れや生理前のニキビが止まったりと様々な効果がでてきています。

 

もし、婦人科にいってプロラクチンというホルモンが高いといわれたら、

まずは大豆イソフラボンサプリを飲むか、

豆乳を継続して飲んでみてください。

 

ダイエットを開始する期間は、生理が終わった後にしたほうが、

豆乳ダイエット以外の場合でも、効果が得られます。

 

生理後はエストロゲンというホルモンが優勢になり、

そのホルモンによって脂肪が燃焼したり排出されたりしやすくなるからです。

 

生理になる前に豆乳を摂取することで、

不要な老廃物が蓄積されにくくするというのが、

豆乳ダイエットのやり方です。

 

生理後はエストロゲンによって余分な脂肪や老廃物の排泄が促されるため、

 

元々あった体脂肪が代謝されることになり

結果的にダイエット効果を得ることができるのです。

豆乳ダイエットを実践するときのポイント

豆乳ダイエットをする時は、

無調整豆乳を利用するのがおすすめです。

 

市販の豆乳は、無調整豆乳と、調製豆乳があります。

大豆を煮て、よく絞った時にできるものが無調整豆乳です。

 

調整豆乳は、脱脂加工大豆や、丸大豆に食品添加物や、調味料を加え、

飲み口をよくしてある豆乳のことをいいます。

 

含まれている大豆固形分が異なるためダイエット効果にも影響があるのです。

JASでは、大豆固形分が8%含まれていないと無調整豆乳とは認められず、

調製豆乳は6%となっています。

 

カロリーが低く、たんぱく質の摂取量を多くすることが豆乳ダイエットの目的ですので、

無調整豆乳を選ぶようにしましょう。

 

豆乳飲料と記載されている飲み物は、

これ以上に大豆固形分が少なくなってしまいます。

 

豆乳を飲む時間帯は、おやつ時や、食事の前がいいでしょう。

一回の摂取量は、200ml程度がいいです。

 

女性ホルモンと働きが似ているイソフラボンが豆乳には含有されているため、

過剰摂取にならないように気をつけましょう。

 

長期間に渡って毎日欠かさず豆乳ダイエットをすると想定して、

飲む量を決めなければなりません。

 

食品安全委員会という内閣府の組織によると、

イソフラボンを1日に摂取してもいいという量は大体70~75mgまでです。

 

大豆イソフラボンが、

無調整豆乳に含まれている量は、おおよそ45mgです。

 

豆乳ダイエットの効果を高めるためとはいっても、

過剰摂取は体にいいことはありません。

 

大豆加工品は、食事からも摂取する機会がありますので、

無調整豆乳の摂取量は200mlくらいでもダイエットには有効です。

 

豆乳ダイエットで効果的な飲む時間は?

豆乳はカロリーが低く、栄養のバランスもととのっているのでダイエット効果が見込めます。

豆乳に含まれているオリゴ糖は便利を解消してくれます。

また大豆ペプチドは脂肪を燃焼し、基礎代謝も上げてくれます。

基礎代謝が上がることで痩せやすい体を作ってくれます。

大豆たんぱく質はコレステロール値や中性脂肪値を下げる働きがあります。

このようなたくさんの効果がある豆乳を飲むなら、効果的に飲みたいと思いますよね。

 

ここからは効果的な飲む時間を説明します。

食前に豆乳を飲む

食前に豆乳を飲むことで大豆サポニンという成分が

満腹中枢を刺激してくれるので

その後に食べる食事の量を減らすことが出来ます。

朝食を豆乳に置き換える

栄養が豊富で、腹持ちもいいのです。

また時間もない朝にサッと飲むことが出来るのでおすすめです。

おやつに豆乳を飲む

小腹が減る時間にちょっとだけだからとお菓子を食べてしまうなら、それを豆乳に変えてみましょう。

かなりカロリーをおさえることが出来ます。

 

豆乳ダイエットにおすすめのアレンジレシピ

豆乳をそのまま飲んでいてもダイエット効果はありますが、

長く続けるためには豆乳に飽きてしまわないように

アレンジレシピを作るのが効果的です。

ツナとコーンのグラタン

食材(2人分)

  • 小松菜:1わ
  • ツナ缶:1缶(70g)
  • コーン缶:1/2缶(80g)
  • オリーブオイル:小さじ1
  • コンソメ:小さじ1
  • 塩:小さじ1/4
  • 豆乳:400cc
  • 水:大さじ3
  • 片栗粉:大さじ3
  • とろけるチーズ:適量

①小松菜、コーン、ツナを炒めます。

②そこへ豆乳を入れて沸騰してきたら、水溶き片栗粉をいれます。

③グラタンの皿へ入れてチーズをのせ220℃のオーブンで10分程度焼いて完成

豆乳とじゃがいものスープ

材料(3~4人分)

  • じゃがいも:250g
  • セロリ:1/2本
  • 水:200cc
  • 豆乳:300cc
  • 無添加ブイヨン(アレルギー対応):1袋
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 塩・こしょう:少々

①鍋にオリーブオイ、セロリを入れて炒め、じゃがいも、水、ブイヨンをいれて煮込みます。

②ブレンダーをかけて塩、こしょう、豆乳を入れて温めたら出来上がりです。

豆乳プリン

材料(3~4人分)

  • 豆乳(成分無調整):200cc
  • 砂糖:大さじ3
  • 卵:1個
  • バニラエッセンス:少々

①鍋に豆乳へ入れあたため、砂糖を加えます。

②少しさめた①にといた卵をいれます。

③圧力鍋に入れて沸騰したら弱火にして約1分加熱して、冷蔵庫でひやしたら完成です。

 

どれも簡単にできるので是非作ってみましょう。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

dietlife55

この人が書いた記事  記事一覧

  • 海洋の力 野口医学研究所クリルオイル配合 EPA、DHAで健康的に痩せられる

  • ボルダリングダイエット インナーマッスル鍛えて基礎代謝アップ デメリットある?

  • 与沢翼のダイエットがガチでストイックすぎてためになる!

  • コーヒークロロゲン酸 ダイエットの効能効果 副作用はある?