1. TOP
  2. 水泳ダイエット
  3. 水泳ダイエット 有酸素運動でお腹も足も引き締める

水泳ダイエット 有酸素運動でお腹も足も引き締める

 2016/05/20 水泳ダイエット
この記事は約 8 分で読めます。 313 Views

スポンサードリンク

足痩せしたい場合には水泳でダイエット

足痩せのためにダイエットをする場合のいい方法は何があるでしょう。

 

ダイエットと聞いて連想することは、

 

カロリー摂取量を減らすことや、運動をして消費カロリー量を増やすことではないでしょうか。

 

運動不足を解消し、体を動かす機会を増やすことで、

 

体内に蓄えられている脂肪を燃やすことが可能です。

 

ダイエットに役立つこととして、毎日の適度な運動が、とても効果的な手段であるとされています。

 

ダイエットの中でも、足を重点的にシャイプアップして、

 

すっきりとしたきれいな足を手に入れるための運動はあるのでしょうか。

 

足痩せには、水泳を定期的に行うことでダイエット効果が期待できるのでおすすめの方法です。

 

基本的に水泳は全身運動ですので、

 

下半身以外にも、腕、腹筋、背筋など、水泳で体の筋肉を十分に使うことができるようになります。

 

水泳には筋力向上以外にも、心肺機能の向上効果が期待できますので、

 

健康状態を促進し、持久力を高める効果が水泳では得られます。

 

水の中で体を動かすと、浮力がありますので、地上で運動をする時ほど関節に荷重がかかりません。

 

膝や腰をいたわりたいという人には、水泳はおすすめの運動です。

 

長時間、激しい運動をしていると、膝や、腰などに体重が頻繁にかかりやすく、

 

関節を痛めてしまう可能性があります。

 

足やせをしたい場合には、水泳でバタ足をしたり、クロールや平泳ぎでも脚力を鍛えることができます。

 

水泳で足を中心に運動させることにより、足の筋力を鍛え、

 

脂肪をなくすことでスリムな足を手に入れることができるでしょう。

水泳によるダイエットでお腹を引き締める

色々なダイエット方法が考案されていますが、特に多くの人が行っているダイエットが、水泳によるものです。

 

気軽に実行できて、痩身効果が高いというダイエット方法が瞬間的に広がって、しばらくすると飽きられることは少なくありません。

 

長期的に考えて、ダイエットをうまくやり遂げたいと考えているならば、運動を主体としたダイエット方法がおすすめです。

 

体を動かす方法の中でも、特に水泳のような有酸素運動という体に負荷をかけて長時間運動する方法が一番効率良く体脂肪が燃焼されるので、ダイエットに効果的です。

 

ダイエット効果があるとい運動は色々なものがありますが、特にやりやすい運動があります。

 

水中でのウォーキングや、水泳を中心とした運動は、膝や関節が弱い人や、体重が重く関節に負担がかかる人に適しています。

関節に重みがかかるとダメージが大きいという人は、水中で行うエクササイズ運動や、水泳などの運動がいいでしょう。

 

体に負担をかけず、身体の筋肉を十分に刺激し、有酸素運動の効果を高めたい時には、水中で行動するのも必要なことでしょう。

 

息切れのないペースでゆっくりと泳ぐことが、水泳ダイエットの基本的なやり方です。

 

水泳による運動を1か月以上続けることが出来れば、ほとんどの人がダイエット効果を実感することができるでしょう。

 

水泳や、水中ウォーキングをすることで、お腹周りが引き締まってきたと感じられるようになるという人は多いようです。

 

ダイエットを続けるためには、体に負担をかけすぎずに水泳を行うようにしましょう。

水泳ダイエットで成功に導く方法

ダイエットを成功させるためには、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすることが大切です。

 

何をすればダイエットにいいかは知っているのに、

 

いざ実行に移してみると、痩せることができない方もいます。

 

積極的に体を動かせばカロリーを使うことができますが、

 

習慣づかなくて困っている人には、水泳がおすすめです。

 

同じ歩くでも、プールの中で歩くほうが、

 

水の抵抗がある分、地上で歩くより労力を使います。

 

水泳が苦手なら、プールの中で歩き続けるだけ運動でも、十分にカロリーを消費することができます。

 

水泳に問題がない人なら、平泳ぎや、クロールで水泳することによって、

 

歩くよりずっと多くのカロリーを使えます。水泳は早く泳ぐ必要はありません。

ゆっくりでいいので、すぐに止まらないで長い時間を水泳することがポイントです。

 

水泳を開始してしばらくは、ちょっと泳ぐともう後が続かなくなる人も多いですが、

 

繰り返し泳いでいると、徐々に泳げる距離が長くなっていきます。

 

泳ぐことに体が順応するまでは、無闇に長い距離を泳ごうとはせずに、

 

可能な範囲で目標を設定して、コツコツと水泳を継続することを第一にします。

 

目的はダイエットですから、泳ぎが早くなることでも、

 

長く泳いでいられることでもありません。

 

水泳を長続きさせることを重視しましょう。

 

ダイエットの方法は、水泳で無くてはいけないと決まっているわけではありませんが、

 

水泳は比較的楽にできる運動です。体重を減らすために水泳をするなら、

一定の頻度で、長期的に取り組むことを主眼に置いて、

 

水泳ダイエットをすることです。

 

水泳ダイエットで効果的なメニューや距離は?

水泳ダイエットの効果的な泳ぎ方は、

長時間泳ぐことができ消費カロリーも多い

  • 平泳ぎ
  • クロール
  • 速めの水中ウォーキング

この3つとされています。

 

いくら水泳は消費カロリーが多くても、長時間泳ぐことができなければ痩せることはできません。

長時間水泳するためには、楽に長く水泳することができる

平泳ぎ、クロール、速めの水中ウォーキングがおすすめです。

 

水泳ダイエットのカロリーは運動強度(メッツ)×時間×体重で計算することができます。

例えば平泳ぎの場合は10メッツなので、体重60㎏の方が30分間水泳した場合は

10×0,5×60=300kcal消費することができるのです。

体重60㎏の方が約300Kcalをジョギングで消費しようとすると、1時間かかってしまいます。

それを考えると水泳ダイエットはコスパが良く、忙しい現代人の強い見方とも言えるでしょう。

 

水泳ダイエットは主にクロールや平泳ぎ、速めの水中ウォーキングを

1時間することで約600kcal(体重60㎏)消費することができるので、

まずは1時間を水泳することに挑戦してみて下さい。

水泳に慣れてきたら、段々と時間を増やして効率良く水泳ダイエットを行ないましょう。

 

今日は1キロ絶対水泳する!!と目標をたてるより、

無理のない範囲で長時間水泳するようにしましょう。

 

また水泳ダイエットの効果を抜群にするためには、

筋肉の量を減らさない事も重要です。

筋肉の量が減ってしまうと、1日のうち何もしてなくても

消費されるエネルギー(基礎代謝)が下がってしまいますし、

運動効率も悪くなってしまいます。

基礎代謝を下げることなく、カロリーの低い食事をするためにも

糖質の少ない食事を心がけていきましょう。

 

水泳ダイエットを成功させる効果的な頻度

水泳ダイエットを成功させるための頻度については、

週に1回でも多く水泳できればそれに越したことはありません。

最低でも週に2~3回以上は水泳を継続して通うようにしましょう。

どのダイエット方法にも言えることですが、

1日の摂取カロリーより消費カロリーが多い日が続かなければ

ダイエットには成功しません。

 

それに、せっかく水泳する感覚を身体が覚えてきた所で、

間隔を空けてしまっては水泳するコツや体力は直ぐに元に戻ってしまいます。

毎回ただ同じことの繰り返しになってしまいます。

水泳するコツを掴み、楽に水泳できるようになることで、

同じ時間でも、水泳する距離を増やすことができますし、

長い距離を水泳できるようになっていくので、

必然的に効率よく水泳でカロリー消費が出来ます。

間隔を空けずに続ける事により

同じ時間内で1日の消費カロリーを増やすことが出来ると言う事になります。

 

水泳ダイエットはダイエット効果以外にも、喘息の改善、冷え性の改善、

ストレス解消、脳の発達、風邪予防、肩こり改善、筋肉を鍛え

姿勢改善などの健康効果も期待できるダイエット方法です。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

sawa55

この人が書いた記事  記事一覧

  • カフェインダイエット 代謝上がって脂肪燃焼できる?体に良くない?

  • 普通に食事をしてもダイエットできる方法とは 食べたいものを食べていても痩せれる?

  • 小尻になりたい!小尻ダイエットのやり方は?

  • 母乳ダイエットはいつから痩せる?効果的なやり方・コツ

関連記事

  • いろんな種類のダイエットサプリで楽して痩せたい 確実に脂肪を落とすには

  • 海洋の力 野口医学研究所クリルオイル配合 EPA、DHAで健康的に痩せられる

  • 【乳酸菌ショコラダイエット】ダイエットと食事の誘惑について

  • 牛乳で尿酸値下がる?ためしてガッテンで紹介されたプリン体以外の乳製品の驚くべき効果

  • 【ウコンダイエット】健康的に美しく痩せるためにクルクミンでビタミンB分解を防ぐ

  • ホットアイマスクは目の疲れやクマに効果があるの?まつエク中でも大丈夫?