1. TOP
  2. 内もも
  3. 内ももダイエット方法 たるみとセルライトを取る

内ももダイエット方法 たるみとセルライトを取る

 2017/01/01 内もも
この記事は約 14 分で読めます。 289 Views

スポンサードリンク

内もものたるみを取るダイエット方法

引き締まった脚線美に憧れるという女性は、少なくないのではないでしょうか。

 

下半身を引き締めたいために、足のダイエット方法はないかと思っている人は大勢います。

 

足のダイエットをする時に一番効果が期待できる部分で言えば内ももです。

服を脱いだ時に、たぷたぷの内ももを目の当たりにして、内もものダイエットをしたいと思う人もいるようです。

 

内ももの太さが気になっている人は、今こそ内ももダイエットにチャレンジする良い機会です。

 

多種多様なダイエット方法がありますが、その中でも内もものシェイプアップをしたいという人に向いた方法があります。

 

内ももにぜい肉が蓄積していることが、足が太くなっている理由です。

 

内ももに隙間ができるほどスリムになることを、ダイエットの目標の一つに掲げる人もいます。

 

内ももをダイエットして隙間を作るには、大腿部にある内転筋を意識した内ももダイエットが効果的です。

 

イスに腰かけて、片足ずつ内ももの筋肉を使うようなダイエットの運動もあります。内転筋は加齢とともに筋力の低下が見られますので、意識して運動することでより内ももダイエット効果が期待できます。

 

スリムな内ももになるためには、内ももにある筋肉を意識して強化するような内ももダイエットをすることが必要です。

 

内ももが痩せる歩き方とは

内ももが細くなることで足の間に隙間が出来ます。

この隙間があると足がかなり細く見えます。

しかしなかなか痩せてくれないのが内ももなのです。

日頃から歩き方を気を付けることで内ももを細くすることが出来ます。

 

まずは正しい姿勢で歩くことが大切になります。

正しい姿勢とは骨盤が正しい位置にあることが大切になります。

へその下に力を入れてお腹をへこませ、骨盤を真っすぐ上に立てます。

そして肩甲骨を体の中央に寄せ胸を開きましょう。

横から見ておうとつのない状態が正しい姿勢になります。

 

歩く時のポイントは膝の裏をのばしたまま歩きます。

そして腕を大きくふって大幅で歩くことを意識しましょう。

だらだら歩くのではなく早歩きで歩きます。

階段は内ももの引き締めに効果があるので、エレベーターや

エスカレーターを使うのではなく意識して階段をつかいましょう。

 

普段の歩き方をこのように変えることで内もも痩せ効果が出てくるので、

ストレッチなどの時間をとる必要がないのは嬉しいですよね。

忙しい人には特に嬉しい内もも痩せの方法です。

無理なく続けることが出来るので、大きな成果につながると思います。

また成果が出れば嬉しくなり、さらに頑張る事ができると思います。

 

スクワットで内転筋を鍛えて内もも痩せ

内ももを細くするには内転筋を鍛えることが大切になっています。

内転筋を鍛える事で内ももが引き締まり、足の間に隙間を作ることが出来ます。

 

ワイドスクワットは内ももの内転筋を鍛えるのにとても効果的です。

一般的なスクワットよりも大きく足を開いて行うスクワットになります。

足を大きく開き、手を頭の後ろで組み、背筋をしっかり伸ばします。

太ももが床と平行になるまでゆっくりと腰をおろし、またゆっくりと上体をもどします。

回数の目安は10~15回を3セット程度行いなしょう。

ゆっくり腰を下ろした時に膝がきちんと外側に広がっていることが

このワイドスクワットのポイントになります。

 

内もも痩せの効果を早く出したいと、最初は張り切って

このワイドスクワットを何回もやってしまう人がいると思いますが

このワイドスクワットは膝に負担がかかります。

たくさんやりすぎてしまうと膝が痛くなる可能性かあるので注意しましょう。

一気にたくさん回数をこなすよりも、先ほど説明したように

10~15回を何回かに分けて行うといいでしょう。

そして続けることが内もも痩せにはとても大切です。

内ももを細くして水着やスキニーズボンを着こなしましょう。

 

ジョギングと内ももの筋力アップでダイエット

おいしいものをたくさん食べていると、太ってしまうかもしれません。

 

年末や、年度の切り替わり時期は行事も多くて、美味しいものをたくさん食べてしまう機会が少なくないのではないでしょうか。

 

外の気温が低くなる寒い時期には、外出の機会が減り、運動不足も重なって太ってしまう傾向にあります。

 

体重増加ぶんをどうにかしたいと考えているなら、できるだけ早々にダイエットをスタートするといいでしょう。ダイエットを行うことで、一旦は増加した体重を元通りにすることが可能になります。

 

体重が気になる人のために、より効率的で効果の高いダイエット方法について紹介します。

 

効果が高いダイエットをしたいなら、有酸素運動と、無酸素運動をすることです。

 

筋肉トレーニングをして筋肉量を増やすことと、

 

全身を使ったジョギングなどの有酸素運動をすることが、ダイエット効果を引き出すためには有効です。

 

有酸素運動と無酸素運動を組み合わせた方法なら、

 

短期間で効果的に理想の体重にすることが可能になります。

 

ダイエットにいい運動は色々なものがありますが、

 

その中でも内ももの筋トレは、体の中に貯め込まれていた脂肪を燃やす効果が得られるといいます。

 

内ももの筋肉は大きいので、

 

意識して内ももを使うことによって全身の脂肪をスムーズに燃やすことができるようになるというわけです。

 

ジョギングと内ももの筋肉を鍛えることで、増えた体重を効率よくダイエットすることができます。

内ももダイエットに効果的な器具

 

ストレッチ用の器具を用いることで、効率的に内ももダイエットの運動ができて、

 

下半身を引き締められます。

 

食べたい物を食べずに、やりたくない運動を延々と行うことが、

 

ダイエットだと思っている人もいます。

 

体重を落とそうとすれば、

 

好きな食べ物を絶って、ストレスのかかる食事制限をしている人も少なくないでしょう。

 

ダイエット用の器具を正しく使用することで、気軽に内ももダイエットを行うことができますので、

 

効果的に痩せられるでしょう。

 

内ももの筋肉は普段の生活ではあまり使われることが無いので、

 

ダイエット器具によって積極的に運動する必要があります。

 

内ももをシェイプアップさせたいからと、食事の量を大幅に減らすようなダイエットをすると、

 

保持しておきたい部分の脂肪まで消費してしまいかねません。

 

多くの人がうまくいったようなダイエット方法でも、

 

自分の体には合わなかったのか、体重が減らない人もいます。

 

内ももダイエット運動が効率的にできるようになる用具を使うことは、

 

内ももダイエットを達成したい方にぜひ試してほしい手段です。

 

数千円もあれば、内もものダイエット運動ができる器具を購入することができます。

 

安価で買うことができるからといっても、内ももダイエット効果が低いわけではありません。

 

ちょっとした隙間の時間などに少しずつ実践することで、

 

内もものサイズダウンも夢ではないでしょう。

 

下半身のシェイプアップのために、

 

内ももの筋肉を効率的に鍛えることができる運動器具を積極的に利用してみてください。

 

中学生でもできる内ももダイエットの方法

年頃になり自分の体型が気になり始めるころが、この時期になります。

しかし中学生という時期は成長期なので

体が大きく変化する大切な時期だと言えます。

この時期に無理な内ももダイエットをしてしまうと、

体の調子を崩してしまう可能性も出てきます。

 

そんな大切な時期にも出来る内もものダイエット方法を紹介します。

足はむくみがとても出やす場所なので、むくみのせいで

内ももが太く見えている可能性もあります。

むくみが内ももに出ないためには毎日のストレッチが大切です。

 

このストレッチにより柔軟性も良くなり代謝を上げることも出来ます。

代謝が上がると痩せやすい体になります。

ストレッチにはタオルを使うので用意しましょう。

  1. 仰向けに寝て膝を立てます。
  2. 片足の足の裏を天井にむけます。
  3. タオルの両端をもち天井に向けた足の土踏まずにかけます。
  4. 息を吐きながら天井に向けてあげている足の膝を伸ばしましょう。
  5. 息を吸いながらその伸ばした膝を曲げます。

この動きを繰り返し行いましょう。

毎日行っていると楽に出来るようになります。

そのようになってきたら、仰向けに寝て膝を立てていましたが

曲げずに伸ばした状態でチャレンジしましょう。

 

短期間で内もも痩せダイエットは可能なのか?

内もも痩せに成功することが出来るとスキニージーンズやショーパン、

ミニスカートを履いたときに内ももの間に隙間が出来ます。

この内ももの隙間が出来るとスタイルがとてもよく見え、足が細く見えます。

このような効果があるので内ももを細くしたいと思っているひとはたくさんいます。

しかし内ももを細くするのが難しい部分なので悩んでいる人も多いと思います。

もうすぐ夏、今から内ももダイエットに取り組んでも間に合わないだろうと諦めていませんか?

ここでは短期間でも内もも痩せの効果がでる方法を紹介します。

 

1つ目は関節ストレッチです。

  1. 両足を前に伸ばして座ります。
  2. 片足を曲げて膝を胸の方へ引き寄せて、そのまま10秒キープします。

 

2つ目はストレッチです。

  1. 床に肘をつき横になります。
  2. 上側にある足を曲げて床に着けます。
  3. 下側にある足を上にあげます。

 

かなりつらいストレッチですが、短期間で内もも痩せの成果を出すには

このくらい辛いストレッチが必要になります。

ストレッチは辛いですが内もも痩せの効果が出るのが早いので、

今後のやる気にも繋がります。

長期間続けることに自信がない人はこの内ももダイエットから始めてみるといいでしょう。

細く自慢の内ももを手に入れましょう。

 

セルライトの種類について

自分のセルライトのタイプを確認することか、セルライトの除去に約に立つと言われています。

 

脂肪が原因の場合、むくみが原因の場合、繊維化や筋肉質など、セルライトの理由はいろいろです。

 

脂肪が肥大化し、コラーゲンで固めれたタイプのセルライトは、脂肪が原因になったセルライトとして、脂肪型セルライトと呼ばれます。セルライトの半分が脂肪型であると言われています。

 

脂肪が大もとにあるセルライトは、燃焼して取り除くことが比較的容易です。

 

皮膚を見たときにでこぼこしているものは、繊維化型のセルライトだといいます。

 

セルライトになってからしばらく経っているため、

 

そう簡単に取り除くことができないというネックがあります。

 

冷え症などで四肢がむくみ、セルライトになったものが、むくみ型のセルライトだといいます。

 

むくみが気になる部分の代謝を上げて、

 

引き締めることで、やわらかくしてむくみ解消が可能です。

 

体を筋肉がしっかり覆っている人が、

 

何らかの事情で運動をやめると、

 

当初は筋肉があった場所が徐々に脂肪に置きかわり筋肉質型のセルライトになってしまいます。

 

多少の運動やマッサージで筋肉質型のセルライトはどうこうできないため、

 

美容クリニックやエステなどの専門的なケアが必要です。

 

セルライトには何種類かのパターンがあり、原因によっては取り除く手段も違います。どんな方法な自分のセルライトを除去しやすいかは、原因にまでさかのぼってみることが大事です。

セルライトを除去してきれいな体に

 

脂肪と老廃物が絡み合ってできたものが、セルライトの正体です。

 

できる場所は内ももやお腹周りなど皮下脂肪の多い場所で、除去しづらいのが難点です。

 

セルライトが多いと代謝が悪くなって脂肪が減らしづらくなり、時間の経過とともになくなることもありません。セルライトは成人した女性に多く、男性には滅多にできません。

 

できるなら、セルライトは取り除くようにするといいでしょう。

 

セルライトは、体の各部位に老廃物や脂肪が凝り固まっているという状態です。

 

冷え症体質や、むくみやすい体質は、セルライトが体にあることが関係していることがあります。

 

ダイエットが難しくなり、体脂肪の燃焼がしづらくなってしまうので、エステでセルライトを取り除こうとする人も大勢いるようです。

 

皮下脂肪のある部分にセルライトができると、皮膚がざらついて見えるようになります。

 

きれいな肌を保ちたい若い女性ほど、セルライト除去を望みます。

 

皮膚の下にセルライトがある場合、タオルをしぼるように皮膚をひねると、皮膚のざらざら感がはっきりします。

 

セルライトを取り除きたいという人は、

 

セルライト除去マッサージや、エステの施術を受けるといいでしょう。

 

一度固くなってしまったセルライトを家庭のケアで取り除くことは非常に困難なので、

 

エステでのセルライト除去コースを利用してください。

 

なぜセルライトができたかでも、最適な除去方法は差があるようです。

 

セルライトを除去する方法

一度できてしまったセルライトを除去するのはとても難しいですが、幾つかの手段が実際にセルライトの除去に用いられています。

 

自己流でできそうなセルライトの除去方法とは、リンパマッサージで揉み出すというものです。

 

セルライトを構成している脂肪が燃えやすくなるように、リンパマッサージをするという方法です。

 

セルライトの老廃物や水分が速やかに除去できるように、リンパの流れをマッサージで改善します。

 

マッサージローラーを用いたセルライト除去方法も注目されています。

 

セルライトが固く、広範囲にわたった場合には、セルフケアでのマッサージ程度では、セルライトの除去が難しいということがあります。

 

マッサージローラーを使って、セルライトの除去を行うという方法があります。

 

入手できれば、マッサージローラーは好きな時に何度でも使えます。

 

エステのセルライト除去コースで、プロの施術を受けるという方もいます。

 

一度できてしまったセルライトをしばらく放置したものは、固くなってしまって、

 

自宅でのマッサージなどでは除去できません。

 

美容クリニックやエステのセルライト除去コースを使えば、

 

個人の体質や症状に合わせたケアをしてもらえます。

 

エステでできるセルライト除去コースのほかにも、

 

レーザーや超音波を使ってセルライトを除去したり、整形外科手術をするという方法もあります。

 

セルライトは、時間が経って固くなったものはマッサージ程度で減らすことは困難です。

 

マッサージローラーを活用するなどして、早いうちからセルライトを除去しましょう。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

dietlife55

この人が書いた記事  記事一覧

  • コーヒーエネマ(コーヒー浣腸)はダイエットになる?美容効果とは

  • 岩盤浴ダイエット 効果と健康への影響 デトックスになる?

  • HMBサプリの筋トレ効果は!?筋肉サプリはプロテインよりも効果あり?

  • コーヒークロロゲン酸 ダイエットの効能効果 副作用はある?