1. TOP
  2. ダイエットグッツ
  3. ダイエットベルトの種類と効果的な使い方

ダイエットベルトの種類と効果的な使い方

 2018/05/30 ダイエットグッツ
この記事は約 6 分で読めます。 46 Views

スポンサードリンク

ダイエットベルトとは?その種類と効果について

全体的に体を引き締めたい、部分的な筋肉を鍛えたいという時に効果的なものがダイエットベルトです。

ダイエットベルトは、たるんだ部分を引き締めて筋肉を鍛えたいところに

ベルトをまくだけで効果を期待できるので、手軽に利用できることが魅力です。

ベルトの種類も沢山あり、1本1千円ほどの安いものから、数万円もするベルトなど様々です。

 

特に効果的なダイエットベルトは振動型のもので、電気でお肉を刺激することによって燃焼を促す効果があります。

ベルトの振動で筋肉を刺激するので、家事をしたりテレビを見ながらでもダイエットをすることが可能です。

ダイエットベルトの中には、電流を流すEMSベルトの人気が高いですが、

科学的根拠に基づいたものですし、自分で運動をすることなくベルトの振動で筋肉を刺激することができるので、

ベルトを装着するだけで余分な脂肪をおとして筋肉を鍛えることになります。

振動型ベルトを選ぶときは、電流のパワーが調節できるものや故障しても保証があるものを選ぶと安心です。

 

男性にはEMSベルトが人気ですが、女性には骨盤矯正型のダイエットベルトが人気です。

出産などで骨盤が歪んでしまうと、生理痛がひどくなったり腰痛を発症してしまうことがあります。

骨盤矯正型のダイエットベルトであれば、骨盤を正しい位置に固定することができるので、

腰痛の緩和や骨盤の歪みを改善し、代謝を促す効果が得られます。

 

ダイエットベルトランキング1位!シックスパッドとは

ダイエットベルトランキング1位のシックスパッドとは、

正式名称はSIX PADであり、株式会社MTGから販売されています。

サッカーポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド氏のトレーニング理論から開発されたベルトで、本人がCMに出ていることも印象的です。

 

ベルトの原理は従来からあるEMSを使用したもので、脳から送られる電気信号と

同じものをベルトから与えることで、強制的に筋肉を運動させる仕組みです。

このベルトの信号は近年の研究で20Hzが最もトレーニングに効果的である

という結果が出たため、ベルトにはその周波数が採用されています。

 

分かりやすく言えばシックスパッドは1秒間に20回の運動を起こす

作用があるものですが、他社のベルトでは50~80Hzになっており、

回数が少ないので一見すると効果が弱くなるように見えます。

しかし、多過ぎると逆効果になることが分かり、論文でも発表されているので信頼できる理論です。

 

低い周波数にすると痛みが強くなる問題があるため他社で採用できていませんが、

シックスパッドはクリスティアーノ・ロナウド氏、効果的な周波数を見つけ出した森谷敏夫氏の理論、

株式会社MTGの開発力によってCMM Pulseと呼ばれる独自技術を生み出したことで、この痛みの問題を解決しています。

 

ダイエットベルトの効果的な使い方は?

ダイエットベルトで痩せたいという場合、効果的なベルトの使い方を入っておくことが大切です。

筋肉の比率が少ない部位をベルトで鍛えてもダイエット効果はなかなか得られません。

その理由は小さい筋肉は基礎代謝も低いためであり、重要なのはベルトで大きい筋肉を鍛えることなのです。

特に太ももの裏は筋肉の中でも大きな比率を持っているのでベルトで鍛えるにはおすすめです。

 

ダイエットベルトで痩せるためには使ってない筋肉を使うことも重要です。

ほっそりした太ももに憧れている人も多いでしょう。

しかし、太ももの前面の筋肉は普段の生活で頻繁に使っているため、

この部分をベルトでトレーニングすると逆に太くなってしまうこともあります。

太ももを細くしたいなら前面の筋肉ではなく、裏側の筋肉をベルトで鍛えるようにしましょう。

裏側の筋肉についてはあまり使っていないと言われています。

また、脇腹の筋肉や背中の筋肉、肩甲骨の下の筋肉などもあまり使っていません。

 

筋トレで痛んだ筋肉はそれを修復することで強くなっていきます。

これを筋肉の超回復と呼んでいますが、筋トレで筋肉痛が起きたら

筋肉を休ませるようにしましょう。

ほっそりした体を手に入れたいという場合、ベルトでインナーマッスルを鍛える必要があります。

普段は意識してあまり動かすことができない筋肉ですが、

高周波のダイエットベルトならインナーマッスルまでしかり届きます。

 

ダイエットベルトは寝るときもつけたままで大丈夫?

ダイエットベルトは、寝るときには取り外したほうが良いでしょう。

特に睡眠の邪魔になるだけでなく、ベルトのせいで血行不良によってむくみが

生じてしまい、最悪の場合は筋肉が弱るなどの症状が発生してしまいます。

以上のことから負担が大きいので、寝る前にはベルトを取り外したほうが良いです。

 

ダイエットベルトの正しい使用方法は、

日常生活の作業に負担を掛けることによって、

脂肪を燃焼させやすくするためのものなので、

眠っている間の動かない間にベルトをつけていてもほとんど意味がありません。

寝返りをうつことがありますが、一般的な日常生活と違ってほとんど

動作がないので、筋肉に負担をかけることができません。

なるべくベルトは起きている間に使用することが良いでしょう。

 

他には、健康的な食事に関しても重要で、

ダイエットベルトを使用していても、脂肪を燃焼させやすくするために

食生活を改善することも重要になります。

食事によって、脂肪を燃焼させやすい身体にすることによって

ダイエットベルトの効果を増大することができるのです。

以上のことからベルトの効果を効率的に行いたいのであれば、

寝ている間ではなく、ベルトを起きている間に使用して、

なおかつ脂肪が燃焼しやすいように、食事に気をつけることが有効になります。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

sawa55

この人が書いた記事  記事一覧

  • カフェインダイエット 代謝上がって脂肪燃焼できる?体に良くない?

  • 普通に食事をしてもダイエットできる方法とは 食べたいものを食べていても痩せれる?

  • 小尻になりたい!小尻ダイエットのやり方は?

  • 母乳ダイエットはいつから痩せる?効果的なやり方・コツ

関連記事

  • 友達や仲間と共有!カロリー計算や運動サポートも!おすすめダイエットアプリ

  • コスパ抜群!ニトリの腹筋ローラーの正しい使い方と効果

  • バーンマシンで腹筋を効果的に鍛える使い方

  • ダイエット効果が高い正しいフラフープの選び方と回し方

  • おすすめダイエットグッズでしっかり痩せる コスパがいいアイテム、器具

  • 産後や帝王切開後にも最適!ウエストニッパーのダイエットやバストアップ効果について