1. TOP
  2. 健康
  3. 青クマ茶クマ黒クマを改善したい クマがひどいのはなぜ?目の下のクマを取りたい

青クマ茶クマ黒クマを改善したい クマがひどいのはなぜ?目の下のクマを取りたい

 2017/11/14 健康
この記事は約 5 分で読めます。 18 Views
当サイトおすすめのダイエット商品
↓ すっきりフルーツ青汁


疲れて見えたり老けて見られたりして困るのが目の下のクマですが、クマには青クマ、茶クマ、黒クマがあります。

茶クマは色素沈着が原因で起こるもので、シミのように表皮が色素沈着しているタイプものと肌の奥の真皮でメラニンが色素沈着しているタイプものがあります。

 

肌の表面で色素沈着を起こしているものは目のこすりすぎが原因です。

 

アトピー性皮膚炎は目の周りに症状が出やすいので掻いたり乾燥によってもかゆくなって掻いたりした場合、マスカラを落とすためにこすってきたためなどシミと同じように外からの摩擦や刺激が原因となります。

 

肌の奥でメラニン色素が沈着しているタイプの場合はメラニンが肌の奥に沈着し20歳前後からできるアザのようなものが原因で茶クマとなってしまいます。

茶クマの対処法としては、表皮にできる色素沈着タイプの茶クマは美白効果の入ったスキンケア用品で日々ケアをすることです。

 

特にビタミンC誘導体が配合された美白コスメを使うようにします。肌の奥のメラニン色素が原因の茶クマはスキンケアでは治せないのでレーザー治療が有効です。

次に青クマができる原因と対処法ですが、青く見えるのは毛細血管です。

 

目の周囲には毛細血管がたくさん流れていますが、それが肌の上から透けて見えているのが青クマです。透けて見えるのは血液の流れが滞っているからです。

 

血液の流れが悪くなるのは生活習慣の乱れやホルモンバランスの崩れ、運動不足、睡眠不足、ストレス、冷えなどが考えられますが、

 

特に目の周りで血液が滞るのはパソコンやスマホなどの画面を長時間見ていたり、長時間細かい文字を読み続けたりして目の周りの筋肉が疲れて硬くなってしまうためです。

 

目の周りの血液の流れがよくなれば肌の上から透けて見えることもなくなるので青クマ改善につながります。

目の周りの筋肉をほぐして血流をよくするための対処法としては、目の周りをマッサージしたり温めたりすることです。

 

マッサージをするときはアイクリームなどを塗布して滑りをよくしてから行うことも重要です。

 

クリームやジェルを付けていないはだを直接触ってマッサージをすれば摩擦や刺激から次は黒クマができることになるので、

 

マッサージをするときは必ずジェルやアイクリームを塗ってから行うようにします。血流をよくする漢方薬を服用すればクマ改善だけでなく全身の血流をよくしてくれる可能性もあります。

では黒クマができる原因と対処法ですが、黒クマにも二つのタイプがあります。

 

一つ目は生まれつき目の下の脂肪が少ない場合や加齢によって皮膚がたるみ目の下がへこんでしまった場合に「影」ができて黒クマとなっているタイプです。

 

二つ目は加齢によって目の下の脂肪を支えている筋肉が緩んで脂肪が目袋のようになり、その下にへこみが生じて「影」ができて黒クマとなってしまうタイプです。

黒クマは影ができることが原因なので、化粧品で隠すといっても無理があります。

 

また色素沈着というものでもないので美白化粧品を使っても消えるものではありません。

 

へこみを治して影ができないようにするためには医学的な治療が必要となります。

 

生まれつきやたるみが原因で目の下がへこんでいる場合にはヒアルロンを注入してへこみをなくすことで、脂肪が目袋のようになってしまった場合にはその脂肪を取り除く手術のような治療が必要になります。

茶クマも青クマも黒クマもできてしまったら気長に対処をするか治療を受けることになりますが、クマを作らないためには目の周りの筋肉を鍛え、血流を良くし、新陳代謝をよくすることが予防となります。

 

筋肉を鍛えるために目の周りのストレッチがあります。

 

「目をギュッと閉じた状態で5秒間キープをし次にパッと大きく目を開け手5秒間キープする」というストレッチだけでも毎日少しづつ続けていると目の周りの眼輪筋という筋肉が鍛えられたるみの改善や予防ができます。

 

また目元マッサージを毎日少しづつ行ったり、目が疲れたら温かいタオルを目に当てて休めるなど、目の周りをこすったり刺激を与えない程度に行うことで血流もよくなります。

リンパマッサージを行うと顔全体の血流がよくなり顔の老廃物も取り除くことができるので目の周りの血行もよくなり小顔になれる可能性もあります。

 

また目の周りにある晴明、四白などの壺もあるので、気持ちが良い程度の強さで5秒づつ3セットとして押してみるのもクマ改善や予防になります。

それらのマッサージやツボ押し、目の周りのストレッチも毎日することが大切です。

 

そして遅くまでスマホやパソコンを見て目を疲れさせたり睡眠不足にならないように注意も必要です。

 

また食生活の改善をすることや運動不足を解消することで目のクマ改善だけでなく、体全体の血流をよくしたり、

 

筋肉を強くすることができ内臓も活発に動くようになり消化や代謝活動もよくなることでダイエットや美肌の効果を期待することのできるのです。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

dietlife55

この人が書いた記事  記事一覧

  • ぱっくん分解酵母のダイエット効果と飲むタイミングはいつ?脂肪燃焼効果で痩せる?

  • 黒糖しょうがパウダーダイエット効果あり?簡単レシピと冷え性対策できる飲み方 カルディと楽天どちらが最安値?

  • はぎしりを睡眠時にしていると不眠になる?過度なストレスとダイエットとの関係

  • 青クマ茶クマ黒クマを改善したい クマがひどいのはなぜ?目の下のクマを取りたい

関連記事

  • 【抗糖化】AGE(終末糖化産物)になる前に 甘いものを制限すべきこれだけの理由

  • 魚介類に水銀が含まれている理由と妊婦への影響について

  • お金をかけないダイエット 食事と運動で痩せる!メタボでも楽したい

  • 妊婦さんは要注意!肥満の最大の原因はカロリー?

  • 唾液中の消化酵素アミラーゼと唾液リパーゼの働きについて

  • ロコモティブシンドロームのチェック・原因・予防・治療法について