1. TOP
  2. 脂肪
  3. 皮下脂肪を落とすためにはランニング・食事・漢方が大切

皮下脂肪を落とすためにはランニング・食事・漢方が大切

脂肪
この記事は約 5 分で読めます。 17 Views

スポンサードリンク

皮下脂肪とは?内臓脂肪とは何が違うの?

女性にとって美しいプロポーションの敵となるのが皮下脂肪です。

肥満には様々な分類方法がありますが、脂肪の分布をチェックする方法では皮下脂肪と内臓脂肪の2種類を見ます。

 

皮下脂肪は皮膚の下部にある皮下組織に蓄積する脂肪です。

女性は太ももやお尻など下半身が太りやすいですが、

もともと皮下脂肪がつきやすいという性質があります。

皮下脂肪は一旦付くと落ちにくいという特徴もあります。

 

内臓脂肪は腸間膜などに付く脂肪です。

腰まわりが大きくなりやすく内蔵や臓器のまわりに付くので蓄積されるのが早いです。

分解されるのも早いので皮下脂肪型の肥満よりは痩せやすい傾向があります。

 

内臓脂肪型の肥満は男性に多いです。

皮下脂肪は分解されにくいと言う性質を持っているので、

マッサージなどで血行を促して適度な運動と栄養バランスを考えた

食事を摂取することで少しずつ効果が出てきます。

ウォーキングやヨガ、ジョギングなどの有酸素運動も有効です。

最近は筋力トレーニングを行う女性が増えていますが、有酸素運動と

筋肉トレーニングのような無酸素運動を組み合わせると痩身効果が出やすくなります。

内臓脂肪の場合はある程度の食事制限を行うことで比較的スムーズに落とすことが可能です。

 

皮下脂肪を落とすランニングのやり方

皮下脂肪を落とすのが目的のランニングをするのであれば、

出来るだけ効果が高い方法で行わなくてはなりません。

せっかく時間を作ってランニングをしたとしても、

効果が少なければ苦労も水の泡になってしまうからです。

 

ランニングを行う時間帯としては、出来るだけ空腹の時間帯を狙って行うようにしたほうがいいでしょう。

空腹時であれば、体の皮下脂肪を優先的に使用していく形に

なりますので、皮下脂肪を落としやすくなっていくからです。

ランニングなどの有酸素運動を行う場合、ほんの数分間だけ行うよりも

20分以上行う方が効果が高いとされています。

 

しかしだからと言ってそれよりも短い時間だった場合は効果がまったくないというわけではありません。

短時間有酸素運動を行った場合でも、ある程度の効果は得られるように

なりますので、自分のペースで続けられるようにしていった方がいいでしょう。

いきなり長時間運動をするのは三日坊主で終えてしまう危険性が

ありますので、出来るだけ長く続けていくためにも、

自分のペースを守って運動をすることです。

無理せず行う事が、長期間続けていくための秘訣になりますので、

無理せず自分のペースで続けていくのがいいでしょう。

 

皮下脂肪を落とすにはどんな食事がいいの?

体脂肪は皮下脂肪と内臓脂肪に別れますが、

これらの脂肪組織は脂肪細胞が集まって形成されています。

脂肪細胞の中にはエネルギー源となる脂肪が中性脂肪という形で蓄えられています。

痩せている人にも脂肪細胞はありますが、

細胞の中にある中性脂肪の量が太っている人とは異なります。

暴飲暴食でエネルギーが過剰になると、

中性脂肪が大量に蓄積されて脂肪細胞が肥大します。

 

皮下脂肪を落とすには適度な運動が必要ですが、食事も重要です。

ダイエットをしている女性の中にも基礎代謝を考えて

栄養バランスの取れた食事をするように心がけている人が増えています。

青魚や食物繊維が豊富な野菜や果物など食材をよく選んで食べることが大事です。

 

青魚はDHAやEPAが豊富でコレステロールや中性脂肪を下げる効果があります。

魚はビタミンAやEも豊富で美容にも健康にも役立ちます。

トマトを使ったサラダを食べると、リコピンが善玉コレステロールを増やします。

キノコやオクラなどに含まれている水溶性植物繊維にはコレステロールを排出を促す働きがあります。

コレステロールは健康を維持するために必要ですが、

LDLコレステロール値が高くなると心筋梗塞や動脈硬化などの

病気リスクが高くなるので注意が必要です。

できるだけコレステロール値を下げる食事を心がけることで健康をサポートできます。

 

皮下脂肪を落とす薬や漢方のご紹介

皮下脂肪を落とす効果が期待出来る薬には、「メタバリア 葛の花イソフラボン」や「シボヘール」があります。

また、漢方には「防風通聖散」が挙げられます。

 

まず、防風通聖散は18種類の生薬が配合されており、

汗を出させる働きや便通を改善する働き、熱を冷まさせる作用、

そして尿を出させる作用があることにより

お腹周りの皮下脂肪を落とすのを助ける薬です。

防風通聖散は漢方薬なので、その人の体質で足りない所を補い、

多すぎる所を取り除くことによって

バランスを整えて不調を改善していくという特徴があります。

そのため、防風通聖散はお腹周りの皮下脂肪が多いのに加えて、

便秘になりやすく代謝が悪いことやむくみ、肩こりがあること、体力が

あって暑がりであるといった状態の人に特によく効くとされています。

 

次にメタバリア 葛の花イソフラボンやシボヘールは、

葛の花由来のイソフラボンを機能性関与成分として配合していることが特徴の薬です。

葛の花由来のイソフラボンは、肥満気味な人の体重や

お腹の内臓脂肪と皮下脂肪を減らす機能があると報告されているので、

ダイエット目的で服用している人が多くいます。

葛の花由来のイソフラボンに何故皮下脂肪を落とす働きが

あるのかについては、この成分が白色脂肪細胞の中で

中性脂肪を分解したり、褐色脂肪細胞の中で脂肪の燃焼を

促進する働きを持っているからだと推定されています。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

sawa55

この人が書いた記事  記事一覧

  • 普通に食事をしてもダイエットできる方法とは 食べたいものを食べていても痩せれる?

  • 小尻になりたい!小尻ダイエットのやり方は?

  • 母乳ダイエットはいつから痩せる?効果的なやり方・コツ

  • 産後ダイエットはいつから?産後太りしてしまう原因と産後ダイエットのやり方

関連記事

  • 足裏マッサージダイエット 足の裏とふくらはぎは揉んだほうがいい?

  • 脂肪冷凍破壊術するなら自宅?エステ?その効果とは

  • 体にいい油を徹底調査 ダイエットと脂質の関係