1. TOP
  2. 尿酸値下げる方法 低脂肪乳でさがる?いつ飲むのが効果的?サプリと牛乳どちらがいい

尿酸値下げる方法 低脂肪乳でさがる?いつ飲むのが効果的?サプリと牛乳どちらがいい

 2017/09/08 未分類
この記事は約 5 分で読めます。 8 Views

人が生命活動をする上で必要なエネルギーを作り出す時、生まれてくるのが尿酸です。尿酸には抗酸化作用がある程度は体にためておきますが、一定上の数値にならないように排尿や汗で体の外に排出します。

 

もしも、この尿酸が溜まりすぎて尿酸値が上がると、どのようなことになるのかというと、溶け込んでいる血液の中で結晶化していき、それが関節にたまり通風や尿路結石などの尿路結石などの病気を引き起こします。

 

 

それらの病気になれば、激しい痛みが生じて日常生活に支障が出てしまうほどですが、さらに進行すれば腎不全となり生命活動が困難になってきます。そのようなことにならないためには、日頃から尿酸値下げる努力が必要になります。

 

 

尿酸値はプリン体と呼ばれる肉や魚の細胞の核を構成するもので上昇します。プリン体は魚卵系の食べ物には多く含まれているので気になる人は避けておくべきものです。一方で、低脂肪乳を飲むこと尿酸値が下がると言われています。

 

 

なぜ、尿酸値が良いのかというと、乳製品に含まれるカゼインとラクトアルブミンというたんぱく質は、摂取すれば腎臓が尿酸を排出するのを助ける役割があるからです。それならば、普通の牛乳でもよいのではないかという疑問が出てきますが、牛乳には脂肪が多く含まれているので、プリン体の材料となる核酸が増えてしまうため尿酸値が上がってしまいます。それではいくら尿酸を排出したとしても、効果が薄れてしまうのです。

 

 

さらに、低脂肪乳を飲んでおくと良い理由としては、尿酸がアルカリ性に溶けやすいという性質が関係しています。前述のように、体は尿酸値を一定の割合に保つため、腎臓を通して排出されているわけですが、その時尿がアルカリ性に傾いていれば、それだけ多くの尿酸が溶け込むことが出来ます。その結果として、大量の尿酸が排出されて体内の尿酸値下げることができるのです。

 

 

体をアルカリ性にすればよいのですが、酸性の肉や魚を控えれば良いというものではなく、それらの食べ物にも必要な栄養が含まれているので、他の方法でアルカリ性に傾けなければいけません。牛乳はパックや瓶に入っている段階では酸性なのですが、体内に入ればラクターゼという消化酵素によって分解されていきます。するとアルカリ性になるので、吸収されればバランスが取れるようになるのです。

 

 

もちろん、低脂肪乳を飲むことで尿をアルカリ性に傾ける事が可能だとしても、あまり飲みすぎてはいけません。脂肪が少なくなっているとはいえ、大量に飲めばやはり脂肪の摂りすぎで尿酸が増えてしまいかねません。それに冷たい低脂肪乳を飲みすぎることで胃腸が冷えてしまい、下痢になりやすくなってしまいます。何事も適度な量にとどめておくことが肝心です。

 

 

では、いつ低脂肪乳を飲めばよいのか、そのタイミングについて考えてみましょう。規則正しく食事を摂ると、食べたものが吸収されて、体を動かすために使われます。尿酸の材料となるプリン体は、その過程で肝臓で代謝されて最終的に尿酸が生み出される仕組みなので、食後に尿酸値が上がると考えて良いでしょう。ただ、食事をしてすぐにというわけではなく、ある程度の時間は必要です。

 

 

低脂肪乳を飲むとすれば、その流れに合わせて食後から食間に飲んでおくことが効果的です。その時どのくらいの量を飲めばよいのかという目安ですが、1日に1杯飲んでおけば通風になる確率がおよそ4割程度下がるとされています。

 

 

朝昼晩と食事をするたびに低脂肪乳を飲むのもよいのですが、義務感で飲むと長く続けるのが難しくなってきます。朝食を飲んだあとの口直しに、午後のおやつのつけあわせに、というように決まったタイミングを決めておき、後はその日の気分で飲むようにしておけば、無理をすることなく続けられるでしょう。

 

ここで尿酸値下げる、ということをあらためて見直す時、尿酸値・通風対策のサプリというのが市販されているわけですが、そちらを飲めば牛乳・低脂肪乳は必要ないのではないかという疑問が出てきます。

 

 

確かに、尿酸値下げる、ということに特化したサプリには、健康を維持するために必要な栄養素が豊富に含まれており、尿酸値下げる、だけでなく疲労回復や美容といった効果も期待できます。すぐに尿酸値下げる、事を期待するのであれば、低脂肪乳よりも改善しやすいでしょう。

 

 

ただ、サプリを飲むのであれば、数日でやめることは出来るはずがありません。何ヶ月、何年も続けていくことで通風のリスクにならない体を維持する事ができるわけで、そのために費やすコストということを考えると、スーパーやコンビニで手軽に購入できる低脂肪乳と比較すれば負担が重くなってしまいます。

 

 

もちろん、病院にいって処方薬をもらえれば、さらに費用がかかるわけで、サプリは安上がりといえるかもしれませんが、長期的に見ればやはり低脂肪乳のほうが普通の家庭であれば試しやすいのは事実です。

 

 

低脂肪乳に頼れば安心とはいきませんが、リスクを抑えられるというだけで現状よりも良い状態になるでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

dietlife55

この人が書いた記事  記事一覧

  • エルカルニチンは脂肪燃焼に効果あり?飲むタイミングおすすめと摂取量の注意点は

  • ベビーフードダイエットやり方と簡単レシピとは?痩せたおすすめの方法 お菓子は食べれる?

  • 尿酸値下げる方法 低脂肪乳でさがる?いつ飲むのが効果的?サプリと牛乳どちらがいい

  • ぱっくん分解酵母のダイエット効果と飲むタイミングはいつ?脂肪燃焼効果で痩せる?

関連記事

  • 顔痩せしたい!即効効果のあるグッツとマッサージとは

  • 管理人の体脂肪率記録

  • 食事の順番とバランスに気をつけるだけで痩せるダイエット

  • GI値とは?GI値の高い食品と低い食品が体に与える影響 グリセミック指数を意識するとダイエットに効果ある?

  • ベビーフードダイエットやり方と簡単レシピとは?痩せたおすすめの方法 お菓子は食べれる?

  • 【アンチエイジング】食事で若返ることは可能?