1. TOP
  2. 基礎代謝を上げる為にはスクワットが効果的?痩せるなら太もも筋トレ!その理由とは

基礎代謝を上げる為にはスクワットが効果的?痩せるなら太もも筋トレ!その理由とは

 2017/05/18 筋力トレーニング
この記事は約 9 分で読めます。 766 Views

なぜスクワットで基礎代謝が上がる?太もも刺激が効果的な理由

実は、『スクワット』をして太ももを鍛えて筋肉をつけると『基礎代謝』が上がります。

正しいフォームでスクワットすることにより、下半身(足の筋肉)が鍛えられます。

足の筋肉、特に太ももは大腿筋と大殿筋に分けられます。

また、体幹筋という足の付け根から胴体部分の筋肉もスクワットによって鍛えられ、

足の部分の筋肉がつくことにより、脂肪を代謝することが可能です。

 

スクワットで足は太くならない?

女性のかたが心配するのが、スクワットをすることで足が太くならないのか?

という点です。

ちなみに正しいフォームで行ったスクワット15回はなんと、

 

腹筋300回分の筋肉刺激

 

とイコールです。

 

驚きですよね。

スクワットのフォーム次第で、足が太くなるかどうかは決まります。

つまり、大腿四頭筋という太ももの前の筋肉を鍛えてしまうと足は太くなりますが、

 

おしりを突き出す正しいフォームで適正回数行えば、

太ももは太くなるどころか、

インナーマッスルが鍛えられて細くなります。

 

スクワットダイエットで鍛えるべき筋肉の部位とは

正しいフォームは後述しますが、

鍛えるべき部位は、大腿四頭筋ではなく、

太もものうち側の内転筋、

太ももの裏側のハムストリングス

それと、おしりの大殿筋

この3種類です。

この3種の筋肉は、筋肉量も多く、少し筋肉が増えただけで激的に基礎代謝が上がります。

そして、結果的に脂肪の代謝能力が上がり、くびれを作ることにも役立つのです。

b-9

痩せるためのスクワットダイエット 効果的な正しい方法

では、どのようにスクワットをするのが効果的なのか紹介していきましょう!

 

まず、足を自分の肩幅よりも少しだけ広めにして立ちます。

 

その時に足の指先は心もち、外側にむけます

(内またにならないように、間違った形で行うと逆に関節や筋肉を傷めてしまいます)

 

そして、ゆっくりと腰を降ろしていきます。

この時の姿勢は膝を曲げる時に股関節も曲げるようにしていき、

お尻を突き出しながらエアーイスに座るイメージで腰を降ろしていきます。

(下げていく時には背筋を伸ばしておくことも忘れずに)

 

膝がつま先よりも前に出ないように

(このポイントも意識しないと腰を痛めます)

 

床と太ももが概ね平行になるまで腰を降ろし、1~2秒待ちます。

 

後はゆっくりと膝を伸ばしていって、

完全に立ち上がるのではなく立ち上がる少し手前でやめます。

 

これで一回とカウントします。

 

 

必要な回数は人それぞれですが、

最初のうちは一日5回程度で良いです。

 

慣れてきたら、10回、15回、20回と増やしていくことで、

筋肉量の増加に近づいていけます。

 

注文を付けくわえれば、しゃがんで起きるの早さです。

どちらも、8秒位で行うのが理想的です。

 

スクワットの際には、決して無理をして行わないで下さい。

関節や筋肉を傷めてしまっては、

ダイエット所か本末転倒となってしまいます。

 

スクワットの様々な種類

スクワットの正しいフォームを紹介しましたが、

いくつか種類があるので、記載していきます。

・フルスクワット

しゃがみ込むスクワットで最も足に負担をかけるスクワット。

スピードを出さずゆっくり呼吸しながらやりましょう。

下半身全体を鍛えたいならフルスクワットがおすすめ

・ハーフスクワット

膝の角度を90度までで止めるスクワット

より鍛えたい部位を意識しながら行うことができます。

・ワイドスタンススクワット

足の幅を広くとるのがワイドスタンススクワット

肩幅以上にとり、ゆっくりとしゃがむことで、関節のストレッチにもなります

・ナロースクワット

膝をぎゅっとくっつけてしゃがむのがナロースクワット。

ワイドスタンススクワットとは違う刺激を太ももに与えられるのでバランスよくおこなうのがコツです。

 

太ももを太くせずに、きれいにスクワットで痩せるには、ワイドスタンススクワットがおすすめです。

その理由はインナーマッスルへの刺激が高いことと、

太もものうち側の内転筋、

太ももの裏側のハムストリングス

それと、おしりの大殿筋

という3つの筋肉を効率的に鍛えられるからです。

一度試してみてくださいね。

 

スクワットの効果を最大化するならトレーニングの前後にHMBサプリを摂取

スクワットの目的は、大腿筋を鍛えることで基礎代謝を上げること。

そして、インナーマッスルをしっかりつけること。

そのためには、プロテインを適切に飲むことが大切ですよね。

トレーニングをしても、体の原材料となるたんぱく質がなければ自分の体を作ることができません。

インナーマッスルを鍛えたのに材料がないという状態ですね。

最近はプロテインもダイエットに注目されており、

様々な種類のプロテインが販売されています。

しかし、プロテインよりも最近注目されている成分がHMBサプリ。

 

HMBとは、プロテインのアミノ酸から分解されるロイシンという必須アミノ酸に含まれる

筋肉のもとになる物質です。

そのHMBを抽出し、サプリメントにしたのが、HMBサプリ。

当サイトで紹介しているビルドマッスルHMBは、プロテイン数杯分のHMBが含まれていて、

タブレットタイプなので、ジムでも飲みやすいのでおすすめです。

 

参考:プロテイン数杯分と話題のHMBサプリ、ビルドマッスルHMBとは?

スクワットでむくみが解消?

その結果筋肉量が増えて、血行不良が改善します。

肩や首、腰などのコリや、冷え性やむくみなどの解消にもつながるのが

スクワットダイエットのすごいところです。

 

スクワットをする際に背筋を伸ばして行う為に、

自然と普段から背筋を伸ばすように癖がつきます。

 

これは猫背の方が直したい時にもおすすめですが、

背筋を伸ばしてスクワットをするときに

同時に腹筋も鍛えられ腹筋自体にも筋肉量が増えます。

 

背筋を伸ばすことで内臓を正しい位置に保てる事や

立ち姿がきれいに見えるようになります。

 

 

20080904083139

 

 

更に、女性にはうれしい事に、加齢と共に落ちてきてしまうものがありますよね。

体重でしたら逆にうれしいのですが、

どうしても『おしり』が垂れてきてしまうのですよね(苦笑)

女性は幾つになっても、きれいでいたいと願うものです。

お尻が垂れてくると『年齢と重力にには敵いません』とあきらめてしまう方もいますが、

そんなことはありません!

 

スクワットをすると言う事は、

下半身の全ての筋肉を使用しますので、当然お尻の筋肉も使います。

そうすると、お尻の中にある『大殿筋』や『中殿筋』が鍛えられるために

キュッとしたお尻が完成すると言う仕組みに繋がっていく訳です。

健康的に痩せるためにダイエット運動

ダイエットと健康はきってもきれない関係があります。

というか、ダイエットをしてどんなに痩せられても

健康的でなかったら体に悪いですよね。

 

短期間で無理をしてでも痩せたいと考えて、全ての食事を抜いたり、

過度の運動を急に始めたりする方がいますが、

それで一時的に痩せることができても、

体がその急激な変化についていけず、

体を壊してしまったり、最終的にはリバウンドしてしまったりするのです。

 

健康的に痩せるためには何をすればいいのでしょう。

特に若い時は簡単に痩せられたけど段々、

痩せられなくなった人もいるでしょう。

 

そこで、健康的に痩せられるダイエットを探してみましたのでご紹介します。

健康的なダイエットならやはり運動でしょうか。

 

でも、運動も年代を重ねていると激しいスポーツはできません。

というより、長続きしません。

 

結局、長続きしなかったらダイエットの効果が出ないんです。

 

だったら、運動でできるダイエットとは何でしょう。

 

ダイエットと効果的な運動について

実際、ダイエットを成功させるためには運動が必要です。

ダイエットするには、

当然ですが摂取カロリーよりも消費カロリーを多くする必要があります。

 

消費カロリーを増やすには、運動が一番最適です。

それで、効率的に取り組みやすいのが有酸素運動、

特にランニングなのです。

shiosio_kasdfjk_TP_V
走るといっても毎日はなかなか継続しずらいですよね。

実際どこを走ったらいいのか判らないこともあるでしょう。

 

何故なら、走りやすい環境というものがあるからです。

雨の日にはやめようかなともなりますし、昨日飲みすぎたからやめようかなともなります。

 

まず、ダイエットのためにランニングを習慣にするわけです。

そのために必要になることは下調べです。

 

まずは、お気に入りのランニングシューズを選びましょう。

少しでもテンションを上げる工夫が必要です。

 

というのも靴によっては走るモチベーションが変わりますし、

足が痛む靴ではやる気も出ませんよね。

靴だけは選んでおいてください。

 

また、ランニングができない場合もあります。

さすがに雨の日のランニングは逆効果になるでしょう。

案外、雨に濡れるとそれだけで体力の消耗があるからです。

 

 

ダイエット効果のあるスポーツで一位なのはランニングです。

でも、三位に踏み台昇降運動があります。

 

もしランニングができないなら、

踏み台昇降運動なら家の中でも簡単にできます。

しかも、簡単かつ、体の負担も少なめというのが魅力的です。

 

何故なら、ランニングは走る場所が必要ですから。

街中だと場合によっては走れない場所もあります。

しかも、人目が気になる人はできにくいです。

 

 

結局、健康的なダイエットには運動が一番です。

でも、運動だからといってなんでもいいというわけではありません。

 

ダイエットならランニングとよく言われますが、

よく考えみたら踏み台昇降運動でもダイエットに役立つともいえます。

また、先に紹介したスクワットは、

体の筋肉の7割を占める太ももを鍛えるわけですから、非常に有効です。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

tatsuta55

この人が書いた記事  記事一覧

  • 基礎代謝を上げる為にはスクワットが効果的?痩せるなら太もも筋トレ!その理由とは

  • お風呂浄水器はお肌にいい?水道水に含まれる塩素の恐るべき皮膚への影響とは

  • 【サバ缶ダイエット】EPAが体の調子を整え、健康に痩せられる

  • ピーナッツダイエット 血管を守って健康に痩せる!ダイエットの中で続けやすい理由

関連記事

  • 筋トレでダンベルを使う時に気を付けたい3ポイント 効率的に筋肉をつけたい

  • 男女でも有効なダイエット法は筋力トレーニング

  • 最近ちまたで話題のダイエット手法とは?