1. TOP
  2. ココナッツオイル
  3. オメガ3系脂肪酸の働きとは

オメガ3系脂肪酸の働きとは

 2016/12/19 ココナッツオイル
この記事は約 5 分で読めます。 162 Views
当サイトおすすめのダイエット商品
↓ すっきりフルーツ青汁


オメガ3系脂肪酸の働き:高血圧予防

日本人は魚を中心に食事をする民族であると、

 

しばしば外国人から言われる事があるものの、実際には必ずしもそうではないと言えます。

 

特に現代の日本においては、多くの日本人は肉を中心に食事をする様になっており、

より欧米よりな食生活へとシフトチェンジしている事が分かります。

 

しかし元々は農耕民族であったといった背景もあり、実は日本人の腸はあまり肉を消化する事に適した構造をしておらず、あまり肉中心の食生活は向いていないといった報告がされています。

 

また、この様な理由から、肉を始めとした欧米よりの食生活を送る事により、生活習慣病を引きおこすリスクも高くなると言われており、実際に生活習慣病を患っている人の数が増加傾向にあるといった面からも、今一度、私たちの食生活について見つめ直す時期に来ているのではないかとも言えます。

 

そんな中、再び注目を集めているのが魚を中心とした食事です。

魚にはカルシウム、ミネラル、たんぱく質、ビタミン、タウリンを始めとした豊富な栄養素が含まれており、更にはオメガ3系脂肪酸といった、私たちの健康にとって良質な脂質ともなるべき成分も含まれています。

 

特にこのオメガ3系脂肪酸は、高血圧の予防においては高い効力を発揮すると言われており、その他の生活習慣病、認知症においても有効であるといった事が報告されています。

 

青魚に含まれている不飽和脂肪酸は、オメガ3系多価不飽和脂肪酸と呼ばれており、人間の体内では作りだす事の出来ない必須アミノ酸として、特に注目すべき脂肪酸であると言えます。

 

この不飽和脂肪酸は、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らすといった働きがある一方で、善玉コレステロールを増やすといった働きがあるとされています。

 

高血圧の他にも、血液の流れを良くするといった効果から動脈硬化などの予防にも効果があるとされており、更には脳に対しても作用する事が認められている為、認知症対策などにも効果的であるといった報告がされています。

 

この様に、積極的に摂取したいと言えるオメガ3系脂肪酸ですが、その調理法には注意が必要であると言えます。

 

オメガ3系脂肪酸は、熱に弱く酸化しやすいといった特徴があり、寿司や刺身などといった生の状態で摂取する事が望ましいとされています。

 

しかし例え調理において加熱をした事により、その成分が半減してしまったとしても、毎日の食生活において継続的に摂取する事が重要であると言えます。

 

ヴァージンココナッツoilで10Kg減も可能!?

 

驚異の成分と効果をもたらしてくれるヴァージンココナッツオイルですが、入荷待ちの商品もあるくらい巷では絶賛中ですね。

 

中には、ヴァージンココナッツオイルを使用して何と!対して運動などもせずに10Kg以上の減量に成功した事例もあります!

ヴァージンココナッツオイルは、現在も活躍している現役モデルさんやローラさんなどが愛用していると番組内でも放映されていましたね。

 

一般的に油物は天敵と認識されていますが『ヴァージンココナッツオイル』は別物なのです!

同じ油なのだから同じでしょう?と思われがちですが、ヴァージンココナッツオイルは毎日摂取する事により体内にあるエネルギー限を『ブドウ糖』から『ケトン体』へと変化させてより痩せやすい体質の為には必須の『ケルトン体質』が構築されていくのです。

 

ケトン体になるとどうなるのか?

ケトン体とは人が糖質制限する事によって身体が飢餓状態に陥った時に体内に蓄積された脂肪を肝臓で分解してエネルギー変換する時に出来る副産物なのです。

 

ココナッツオイルを摂取し続ける事により血液中のケトン体濃度を上昇させ、より脂肪が燃焼されやすい身体となるためにキツイ糖質制限やダイエットによる断食をしなくてもよい近道となります。

 

b-15

 

 

では、ヴァージンココナッツオイルの素晴らしい効果をご紹介しましょう。

 

・コレステロール値を下げてくれます

・抗酸化作用の効果で老化防止が期待できます

・腸内に浸透して小腸内の不要物をデトックスできます

・疲労を軽減して運動能力を向上させます

・がん細胞を未然に防ぐ事が可能になります

・脳細胞に栄養を供給する事により認知症やアルツハイマー病などの改善が望めます

・エネルギー代謝を向上させることにより脂肪が燃焼される

・ラウリン酸が免疫力を向上させる

・肌荒れやシワを予防してくれるビタミンEが豊富に含まれている

・インスリンの分泌を改善して糖尿病の予防が期待できます

・冷え症を75%程甲状腺機能を回復改善してくれます(ただし2週間以上継続した場合に限りです)

・動脈硬化や心筋症、心筋梗塞などの心臓血管疾患などを予防できる

 

が望めます。

 

その他の使い道では

 

・メイクを落としたり、保湿や紫外線対策

・うがいをすることで、歯周病の予防やホワイトニング効果がある

・皮膚黄色ブドウ糖菌に対する抗菌作用でアトピーの改善が望めます

・フケ防止や皮髪の修復補修などの髪のケア

・夫婦生活などにも安心して潤滑ゼリーとして使用できる(男性に限ってはED改善効果が血行促進する事により市販品よりも安全に使用できる)

 

等の様に、ヴァージンココナッツオイルは体内外で広く活用でき、効果が望める食品と言えます。

 

c-15

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

tatsuta55

この人が書いた記事  記事一覧

  • 基礎代謝を上げる為にはスクワットが効果的?痩せるなら太もも筋トレ!その理由とは

  • お風呂浄水器はお肌にいい?水道水に含まれる塩素の恐るべき皮膚への影響とは

  • 【サバ缶ダイエット】EPAが体の調子を整え、健康に痩せられる

  • ピーナッツダイエット 血管を守って健康に痩せる!ダイエットの中で続けやすい理由

関連記事

  • ヴァージンココナッツオイルでダイエットに活かす方法