1. TOP
  2. EPA
  3. マルマンサメ軟骨の効能、効果 マリンコラーゲン、魚由来コラーゲンが体に与える影響とダイエットへの影響は?

マルマンサメ軟骨の効能、効果 マリンコラーゲン、魚由来コラーゲンが体に与える影響とダイエットへの影響は?

 2017/09/08 EPA
この記事は約 5 分で読めます。 28 Views
当サイトおすすめのダイエット商品
↓ すっきりフルーツ青汁


マルマンというショップでは健康と美容のために摂取すべき栄養素を含んだサプリメントや禁煙のためのグッズ、電動歯ブラシなども販売しています。

その中でマルマンサメ軟骨というサプリメントがあります。

 

鮫の軟骨にはコンドロイチン硫酸などムコ多糖類が豊富に含まれています。ムコ多糖類は動物の中でも目の硝子体、関節や皮膚などに多く存在し、細胞の周りで水分を蓄えている物質です。

 

その水分を使って細胞に必要な栄養素を運んだり、不要なものを細胞から取り出したりして体の中を循環させて代謝をするという活動を行っています。ところが人間の体内にあるムコ多糖体は25歳くらいを境にどんどん減少してしまうのです。

 

ムコ多糖類はコンドロイチン硫酸やヒアルロン酸などの物質が、たんぱく質を中心として一つのかたまりとなっって存在しています。ムコ多糖類の「ムコ」とはラテン語で「動物の粘液」を意味しているのですが、最近では「ムコ多糖類」はプロテオグリカンという名称でも呼ばれています。

 

ムコ多糖類はウナギやすっぽん、魚の煮凝り、牛軟骨、ふかひれ、豚骨スープ、燕の巣ン度に多く含まれています。加齢とともに減少してくるムコ多糖類を補うためにこれらのような食品を摂取することが必要ですが、毎日食品の中から摂取煤ことは難しいことです。

 

そこでマルマンはムコ多糖類を多く含む鮫に注目し、手軽にムコ多糖類を摂取できるサプリメント「マルマンサメ軟骨」を開発販売しました。鮫軟骨は古来中国では不老長寿のための食材として重宝されてきました。鮫軟骨には中骨軟骨、カマ軟骨、ふかひれの3種類に分類され主に中国料理に使われているのは「ふかひれ」です。鮫は体全体の79%が軟骨でできています。しかもその軟骨には他の軟骨の1000倍も特殊なたんぱく質を含んでいるといわれています。

 

体の70%もの軟骨がある鮫には血管がないのですが、それは軟骨が血管を作らせないような物質を含んでいるからです。生理的に起こりうることですが、新たに血管ができることで関節性リウマチや変形性関節症などの病気を引き起こしたり、癌細胞の増殖を促進したりすることがあります。それらの病気を抑制するためにも血管の新生を妨げる鮫軟骨が有効と言われています。

 

鮫軟骨に多く含まれているコンドロイチン硫酸はムコ多糖類を構成する重要な成分のひとつです。子の成分が多く含まれている鮫軟骨を摂取することで細胞の周りに水分を蓄えることができ、その水分によって新陳代謝を活発にして老廃物を排泄し、きれいな細胞を維持することができるので、リウマチや更年期障害、しみ・しわなどの肌の衰えを予防し、炎症を抑制することもできるのです。また他の動物は癌になるのですが、鮫は癌にはならないことが明らかにされているので、鮫軟骨を摂取する子tでがんの予防にも役立つのです。

 

鮫軟骨は乾燥させて細かい粒子にしたものがあれば、粒状の錠剤やカプセルになったもの、液状のものがあります。マルマンサメ軟骨は粒状のサプリメントです。1日4粒程度を目安に摂取することを続けることによって関節や皮膚などに変化を実感できる可能性があります。

 

マルマンサメ軟骨にはコンドロイチンのほかにキャッツクロウ樹皮エキスや魚由来コラーゲンなどが配合されています。

 

キャッツクロウはペルーの薬草で、ツタの部分に猫の爪に似た棘があることから名前が付けられていますが、1ヘクタールに2、3本しか育たないほど土地の栄養分を吸収して育ちます。ペルーの住民は数百年にわたって、それほどたくさんの養分を吸収しているキャッツクロウノ樹皮をはがして煎じて飲むという習慣がありました。ペルーの先住民は調理の際炭を使ってきたのですが、炭のタールに含まれている発がん性物質を食事のたびに摂取しているにもかかわらず癌にならないのはキャッツクロウのおかげとして注目されはじめました。樹皮にはアルカロイドという成分が含まれているのですが、その成分に免疫力や自然治癒力を高める働きや炎症を鎮める働きがあります。

 

またマルマンサメ軟骨粒にはフィッシュコラーゲンが配合されています。魚由来コラーゲン、マリンコラーゲンとも言われるフィッシュコラーゲンは魚の骨、皮などを原料としたコラーゲンで他の動物性のコラーゲンよりも分子量が小さいために人体に吸収されると素早くアミノ酸に分解されます。また、牛や豚由来の動物性コラーゲンよりも臭みが少ないので摂取しやすいコラーゲンです。フィッシュコラーゲンを摂取することで肌の水分量が上がったり、紫外線によってできたシミが減少したり、筋肉量を維持するなどの効果が期待できます。

 

さらに、不足しがちなカルシウムをブレンドしたビタミンEも配合されています。ビタミンEには強力な抗酸化作用、冷え性や肩こり、不妊症、コレステロールの低下など様々な効能があります。
特に関節痛などでスムーズで歩けないという方にマルマンサメ軟骨粒が適しています。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

dietlife55

この人が書いた記事  記事一覧

  • ぱっくん分解酵母のダイエット効果と飲むタイミングはいつ?脂肪燃焼効果で痩せる?

  • 黒糖しょうがパウダーダイエット効果あり?簡単レシピと冷え性対策できる飲み方 カルディと楽天どちらが最安値?

  • はぎしりを睡眠時にしていると不眠になる?過度なストレスとダイエットとの関係

  • 青クマ茶クマ黒クマを改善したい クマがひどいのはなぜ?目の下のクマを取りたい

関連記事

  • 【イマークS】中性脂肪低下!内臓脂肪を減らしたいなら

  • 海洋の力 野口医学研究所クリルオイル配合 EPA、DHAで健康的に痩せられる