1. TOP
  2. ホワイトチアシードはスーパーフード?ダイエットへの影響と、簡単レシピとは

ホワイトチアシードはスーパーフード?ダイエットへの影響と、簡単レシピとは

 2017/09/08 未分類
この記事は約 5 分で読めます。 14 Views

スーパーフードとして有名なチアシードには黒色のブラックチアシードと白色のホワイトチアシードがあります。一般的にドリンクなどに入っているのを見かけるのはブラックチアシードのほうで、ホワイトチアシードは一般的にはあまり見かけることはありません。

 

サルバチアシードという名前で呼ばれることも多いのですが、こちらはブラックチアシードの中に稀に混ざっている白い種のみを選別して10年かけて改良されました。栄養価がとても高いということで、海外セレブを中心に人気となっています。

 

ホワイトチアシードはブラックチアシードよりもカロリーが低く、しかも高たんぱくとなっています。価格自体はどちらもそれほど変わらないのですが、ホワイトのチアシードがブラックチアシードより優れている点があります。それは膨張率の高さです。

 

一般的なブラックチアシードも8倍から10倍の膨張率があります。しかしホワイトチアシードはそれをはるかに上回る10倍から14倍の膨張率となっているのです。さらにホワイトのほうが皮が柔らかいですし、消化吸収という意味でも良いです。ダイエットということを考えた時には腹持ちが良く、しかも低カロリーで高たんぱく質のホワイトチアシードを選ぶのがオススメです。

 

ブラックチアシードは見た目がまるで何かの卵のようだということで苦手な方もいますが、ホワイトであれば見た目は小さいタピオカといった感じなので気にせずに摂取することができます。チアシードには食物繊維がたっぷり含まれている他、アミノ酸やカルシウム、マグネシウム、オメガ3脂肪酸なども含まれており、その栄養の高さとバランスの良さから、何かあった時には水とチアシードがあればなんとかなると例えで言われているほどです。

 

効果として期待できるものには便秘の解消や糖尿病の予防と改善、美肌効果、骨の強化といったものがあります。チアシードにはグルコマンナンという水溶性の食物繊維が豊富に含まれていることから便秘解消に良いとされています。食物繊維には不溶性と水溶性の食物繊維があり、特に日本人女性が便秘になってしまう原因としてあげられているのが水溶性の食物繊維が不足していることだといわれています。ですから、1日大さじ2杯から4杯ほどのチアシードを摂取することで便秘の解消に役立ちます。

 

そんなホワイトチアシードを使う簡単レシピをご紹介します。チアシードは熱に弱く、40度以上の高さに熱されると栄養を失ってしまうといわれているため、それ以下の温度で利用するのが良いです。使う前にチアシードを戻しておかなくてはいけませんから、使いたい量のチアシードを準備し、保存容器に適度に水とチアシードを入れて12時間以上水につけておきましょう。そして一日大さじで1杯程度(10g)は飲むようにするということを覚えておきましょう。

 

簡単に摂取できる方法といえばスムージーに混ぜ込むというものがあります。例えばバナナ1本、ほうれんそう50g、ミルクを200ccほど用意します。ミルクが苦手な方は豆乳やアーモンドミルクを使うのもありです。好みで選びましょう。あとは適当な大きさにカットしてバナナ、ミルク、ほうれんそうの順でミキサーに入れます。最初に葉物を入れてしまうとミキサーの刃に絡まってしまうことがあるので、それを避けるためにもほうれんそうを一番最後に加えるのが良いです。あとは出来上がったスムージーにチアシードを混ぜて飲むだけです。

 

少し変わったデザートですと、ホットヨーグルトというものもあります。こちらはその名の通り、温かいヨーグルトです。用意するのはヨーグルト100g、大さじ1杯の水、大さじ1杯のチアシード、好みでハチミツです。水を加えて軽く混ぜたヨーグルトを500Wの電子レンジで40秒ほど加熱します。できたら、もう一度よく混ぜあわせてチアシードと好みでハチミツやジャムなどを加え混ぜます。少し温めたヨーグルトは少し酸味が増しているので、甘みとしてハチミツやジャムを使うのがオススメなのです。もちろん、あくまでも好みなので、酸味が強いものも好きだという場合はそのまま何もかけずにチアシード入りヨーグルトを食べるといいです。

 

変わった食べ方としてはおにぎりに使うということです。チアシード自体はホワイトであれば目立ちませんし、ゴマのような食感を感じることができるので食べやすいです。チアシードはあらかじめ水ではなく、めんつゆで戻しておくとよりおにぎりに合うおいしい具材にすることができますし、おにぎりに海苔を使う場合は海苔にチアシードを塗っておくようにすると良いです。そうすると、味がついたチアシードがまんべんなくおにぎりを包むのでよりおいしく食べられます。

 

気をつけなければいけないのはチアシードをそのまま食べてしまわないようにすることです。そのまま食べると胃腸の水分を吸収することで膨張し、膨らみ過ぎたことが原因で腸で詰まってしまい、便秘がちになりかねません。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

dietlife55

この人が書いた記事  記事一覧

  • エルカルニチンは脂肪燃焼に効果あり?飲むタイミングおすすめと摂取量の注意点は

  • ベビーフードダイエットやり方と簡単レシピとは?痩せたおすすめの方法 お菓子は食べれる?

  • 尿酸値下げる方法 低脂肪乳でさがる?いつ飲むのが効果的?サプリと牛乳どちらがいい

  • ぱっくん分解酵母のダイエット効果と飲むタイミングはいつ?脂肪燃焼効果で痩せる?

関連記事

  • GI値とは?GI値の高い食品と低い食品が体に与える影響 グリセミック指数を意識するとダイエットに効果ある?

  • 管理人の体脂肪率記録

  • 【アンチエイジング】食事で若返ることは可能?

  • ダイエットを完遂する為の5大栄養素とは

  • 尿酸値下げる方法 低脂肪乳でさがる?いつ飲むのが効果的?サプリと牛乳どちらがいい

  • 顔痩せしたい!即効効果のあるグッツとマッサージとは