1. TOP
  2. 【シックスパック】お腹を6つに割りたい!腹筋ダイエットで設定する目標

【シックスパック】お腹を6つに割りたい!腹筋ダイエットで設定する目標

 2017/07/19 お腹の脂肪
この記事は約 7 分で読めます。 126 Views

お腹を6つに割る腹筋ダイエットの目標設定

ダイエットを行う際の目標を設定しておくことは非常に大切です。

ダイエットを断念しないために、

皆さんはどのようにして目標を決めてますか?

 

まずどうしてダイエットを行おうと思ったかという

動機や理由は

ダイエット継続のためのやる気につながっていくのでとても大切です。

 

お腹を6つに割るための目標設定としては

 

・体脂肪率を〇月までに〇%にする

・腹筋のトレーニングを毎日3セット行う

 

など、具体的かつ期限が入っているほうがいいです。

 

ちなみに私は今年、お腹を6つに割る!と決めました。

この記事では、

 

とにかくお腹を6つに割るためのノウハウ

 

を徹底的に書いていこうと思います。

 

お腹を6つに割るために必要な2つの知識

お腹を6つに割りたい!シックスパックにしたい!

と願っているだけではとてもかないません。

 

むしろ無理なダイエットをして、

やせ細ってはしかたないですよね。

 

健康にお腹を6つに割りたいものです。

 

そのためには、いくつか知っておくべき知識があります。

チェックしてみてください。

 

基本的にお腹を6つに割るには下記2点が最重要です。

 

・お腹と背筋の筋肉をバランスよく鍛える

・お腹周りの皮下脂肪を落とす

 

体幹を鍛えて脂肪を落とせば、

おのずと腹筋は出てきます。

 

大事なのは腹直筋を鍛えてから皮下脂肪を落とすという順番。

腹筋を大きくすることで、基礎代謝が上がり

脂肪が落ちやすくなります。

 

より効率的に腹筋を割ることができるようになるというわけです。

 

そしてよくありがちなのがなのが、

体重だけ気にしてしまうダイエット。

 

重要なのは、筋肉量と、体脂肪率のバランスです。

 

会社の健康診断で昨年に比べて体重がだいぶ上がってしまい

医者からこのままではメタボリックシンドロームになる恐れがあると言われた

という方は腹囲計が85センチを超えている方かもしれません。

 

しかし、体重の数値そのものではなく

 

筋肉を増やし、脂肪を減らすことに意識を向けてください。

 

そして、腹筋の厚みよりも皮下脂肪の量に左右されるのがお腹周りなのです。

体脂肪率をとにかく気にするようにしてみてください。

 

 

標準体重まで持って行こうとしても飲み会や、

外食などでなかなかコントロールできませんよね。

 

運動と3食の食事の質を意識するのがおすすめです。

 

 

腹筋ダイエットでお腹周りの皮下脂肪を落とす

お腹周りの皮下脂肪を落とすことで、

誰でも腹筋の凹凸がきれいに出てきます。

腹筋はもともとだれでも割れていて、皮下脂肪でおおわれていて

腹直筋といわれる筋肉が見えていないだけなのです。

 

 

 

有酸素運動で皮下脂肪を落とす

 

 

恋人や奥様に太ったねと言われて、

ショックのあまり痩せようと思ったなど色々とあると思います。

 

ただボンヤリとダイエットを行なっているだけでは

明確な目標がないために途中で止めてしまいますよね。

また、リバウンドで余計に太ってしまったりします。

 

 

では明確な目標とはどの様に設定をすれば良いのかと言いますと、

例えば3ヶ月で1キロ痩せようとか、

半年かけて3キロ痩せようなどの数値的な目標です。

 

やはり体重を基準とする目標設定が1番分かりやすいのですが、

しかし無理をしないと達成できない様な設定は、

特にダイエット初心者のうちは止めた方が良いでしょう。

 

それは例えば、1ヶ月で3キロや2週間で2キロなどです。
確かに食事を抜いたり、

毎日サウナスーツを着てランニングをしたりすれば達成可能かも知れませんが、

 

でもそれだと長続きしない可能性が高いので、先ずは明確で達成可能な目標を設定して、

それをクリアできたと言う自信を付けてから次のハードルに臨む様にした方が良いでしょう。

 

 

また体重以外の目標設定といたしましては、

体脂肪を基準にする方法もあります。

 

特に筋肉質の体をしている方は男性の場合にBMI値が22.0が基準となり、

上回ってしまうと脂肪が付きすぎてしまっていることになります。

 

裏を返せば体重が平均値より多いとしてもBMI値が22.0を下回っていれば、

運動をしている人からすると、とても理想的な体と言えるのです。

 

d16d42cbbb52d8a749fe846250b6b6c5_s

体重も体脂肪も数値ですが、数字以外の目標でも構いません。
若いころは履けていたズボンやスカートが履けなくなってしまったので、

もう一度あの頃のウェストに戻りたいといった目標でもいいでしょう。

どちらにせよ、痩せた後の自分の姿がイメージ出来たほうがいいわけです。
痩せた後の自分の姿はダイエットできたご褒美になりますので、

人はご褒美があれば意外と頑張れるのです。

33994e023c641f336862fa78387b5b76_s
この様に皆さまの目的によって

 

きちんとしたダイエットの目標を決めることが

 

モチベーションにもつながり成功へと近づけることができるでしょう。

 

体脂肪を運動で燃焼させて減量する

減量をしようと思ったら体脂肪を燃焼させることが大切です。

 

体脂肪をどんどん燃焼させることで減量を成功させることができます。

 

体脂肪を燃やすには有酸素運動が効果的だといわれています。有酸素運動とは酸素を多く取り入れ持続力のある運動です。

 

ジョギング、マラソン、ウォーキング、サイクリングなどが有酸素運動です。

 

運動のし始めは血液中の糖を使用しますが、20分ほど運動を続けると、体脂肪をエネルギーに使います。

 

有酸素運動で体脂肪を燃焼させるためには最低でも20分以上の運動が不可欠となります。

 

体脂肪をエネルギーとして使うためには、有酸素運動を毎日することがポイントです。

 

有酸素運動は汗をかきますので、脱水状態にならないように水分をきちんと補いましょう。

 

脂肪を燃焼して減量するためには、有酸素運動と合わせて無酸素運動も必要です。体脂肪が燃焼する場合、燃える場所は筋肉です。

 

筋肉の量が多ければ燃える体脂肪の量も多くなります。

 

普段から脂肪を燃焼させるためには、筋肉が多いほうがいいのです。激しい無酸素運動ではなくても、何回かに分けて行うことができるものが減量に役立ちます。

 

有酸素運動をして効率よく体脂肪を燃焼させるには朝食前の空腹時がおすすめです。

 

事前に準備運動などで体を温めておくことが、ダイエット運動の前は大事です。

 

運動が終わったら、徐々にクールダウンするようにしてください。

 

減量のために、毎日の運動で体脂肪を燃やすようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

sawa55

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【シックスパック】お腹を6つに割りたい!腹筋ダイエットで設定する目標

  • ビルドマッスルHMB楽天よりも公式でネット通販が激安!ダイエット後のリバウンド防止

  • Lテアニンとダイエットの関係 睡眠の深さと美容、健康は関係する?

  • 【完全無欠ダイエット】リバウンドしない理由と食事レシピ 朝ごはんをコーヒー置換

関連記事

  • 【内臓脂肪を落とす】お腹のポッコリを改善したい!色々とあるダイエット方法について私が思う事。