1. TOP
  2. 【真夏の紫外線対策】 日焼け止めで肌を守る大切さ

【真夏の紫外線対策】 日焼け止めで肌を守る大切さ

 2017/07/18 紫外線対策
この記事は約 5 分で読めます。 15 Views

内側からできる日焼け対策と日焼け止めについて

スキンケアのためには、日焼け対策をすることがとても大事です。

 

お肌が日焼けの影響を受けると、それだけしみやそばかすなどの症状が出るようになります。

 

日焼け対策は、日焼け止めクリームや、美白化粧品などが使われていますが、

 

食習慣を改善することで日焼けの影響を受けにくい肌をつくる方法もあります。

 

日焼けにいい栄養素といえば、挙げられるのはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどです。

 

ビタミンCは、日焼け対策にいいといわれる化粧品などにも配合されています。

 

肌の黒い部分はメラニン色素という成分の生成によりますが、

 

これを減らすと同時に、エラスチンをふやして肌のもちもち感を高めてくれます。

 

紫外線で皮膚の毒素が活発になったとしても、

 

ビタミンCを摂取すれば抗酸化力で対策をとることが可能です。

 

体内の酸化を防ぐ成分にはビタミンEがあります。

 

体の酸化を留め、老化による体の変化を抑制する作用が、ビタミンEにはあるといいます。

 

ビタミンCのように抗酸化作用があるものは、コラーゲンの生成も促進するといいます。

 

生理の女性は、日頃より日焼けがしやすいといいます。

 

ビタミンAは生理中に消費されやすいことが、その理由だといいます。

 

日焼け対策効果があるという食材を積極的に用いて食事をすることで、サプリメントを使わずとも体にいいものを確保できます。

 

季節で変わる日焼け対策

美肌状態を保つためには、日焼け対策がとても大事になっています。

 

紫外線からお肌を守るためには、季節を問わずいつでもケアをすることです。

 

真冬でも、日焼け防止に必要なことをやっておきましょう。

 

日焼け対策は、春になった時点でもう行っていなければなりません。

 

地表に降り注ぐ紫外線の強さは5月ぐらいから増し、6月には夏と同じくらいになります夏の日焼け止めクリームは、取れやすいことも覚えておきましょう。

 

汗をかくと、クリームが汗に溶けて剥がれてしまいがちです。

 

普段の生活の中でも、3、4回はつけ直す習慣をつけるといいでしょう。

 

紫外線を遮断する効果が強いクリームを一度だけつけるより、弱めのものでも何度かつけ足していく方が、有効だといいます。

 

日焼け止めクリームの量をけちっていると、期待した効果が得られません。

 

つけ忘れがちなのが顎の下部分です。

 

紫外線はあちこちからはね返る性質がありますので、あごの下も油断できません。

 

冬や、雨が続く季節でも、紫外線は地表に届き、日焼け効果をもたらしていますので、

 

1年間のどの季節でも日焼け対策は休めません。

 

また、冬は紫外線が強くないですが、お肌の紫外線への耐性も弱っている状態です。

 

そのため、春に紫外線量が急速に増加すると、夏以上に皮膚にダメージを被ることになります。

 

紫外線から肌を守るクリームやメイクは、年間を通じて行うことで、日焼け対策効果が得られます。

 

日焼け止め以外の紫外線対策

1年じゅう紫外線対策をしっかり行うことが大事ですが、

 

日焼け対策でできることは、様々なことがあるといいます。

 

何をすれば日焼け対策になるかを知り、やれることをやっていきましょう。

 

紫外線が皮膚及ぼすダメージが広く知られてきたことから、

 

どんな年齢や性別の人でも使える日焼け対策グッズが販売されているようです。

 

目を紫外線から守るためには、サングラスが役立ちます。紫外線が目に届くと、

 

目も日焼けしてしまうのです。

 

最近は子ども用のサングラスもあり、

 

日常的に使うことができるように色々な工夫がされています。

 

肌を日焼けさせないためにと、UVカット処理が施された服も販売されています。

 

形状やカラーバリエーションも多く、選びやすくなっています。

 

日焼けクリームと併用して、紫外線カット処理がされている服を身につけることで、

 

紫外線から体を守りやすくなります。

 

顔の周りに大きく影をつけることができるつばのひろい帽子や、

折りたたんで持ちあるけるものなど、UV対策用の帽子やサンバイザーも人気です。

 

日傘を兼ねた雨傘も販売されており、デザインの種類も豊富です。

 

兼用の傘を使っていれば、普段からその一本があれば足りますので、便利に使えます。

 

車を運転する機会が多い人は、アームカバーをつけて日焼け対策をしましょう。

 

最近は、カラーバリエーションやデザインも色々なものがあります。

 

出かける時に、UVカットが施されたストールやネックカバーを使うという方法があります。

 

UVカット処理のされたストールは何かと便利です。

 

効果的な日焼け対策のために、日焼け止めクリームだけでなく紫外線を防ぐ商品も使いましょう。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットライフ 短期間で確実に痩せるダイエット方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

dietlife55

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【ヴィパッサナー瞑想】 瞑想ダイエット 交感神経をリラックスして痩せる

  • 【クエン酸ダイエット】 脂肪分解酵素について

  • 【真夏の紫外線対策】 日焼け止めで肌を守る大切さ

  • 【セラミドサプリメント】美容に効く話題のサプリ商品 おすすめは

関連記事

  • 【耳つぼダイエット】時間がない人&運動が嫌いな人向けプチダイエット方法

  • サラシアサプリとカロリー管理だけでダイエットできる?

  • 防風通聖散はダイエットに最適 楽天とアマゾンよりも最安値!激安なのは

  • コンブチャクレンズを楽天やアマゾンより最安値で買えるところ

  • ダイエットしたい人の食事と運動、生活習慣について

  • 理想的な食事のとり方とは?痩せるための栄養素